メディア
インタビュー
» 2021年06月20日 08時09分 公開

3度の戦力外通告を受け、営業部へ 「異例」のキャリアを選択した理由は元横浜DeNAの中後悠平さん(1/5 ページ)

プロ野球選手の現役期間は短い。セカンドキャリアに悩む人が多い中で、元横浜DeNAベイスターズの投手・中後悠平さんは、同球団の営業部へ転身した。現役引退後すぐに営業部に配属するのは、とても珍しい。なぜ異例ともいえるキャリアを選択したのかというと……。

[岡のぞみ,ITmedia]

 プロ野球選手の現役期間は短い。しかし、幼少期から野球に心血を注いできたゆえに、球団のコーチや少年野球の指導者以外の選択肢をなかなか持てず、セカンドキャリアに悩む人は多い。

 そんな中、元横浜DeNAベイスターズの投手、中後悠平(なかうしろ・ゆうへい)さんは、野球人生で3度目の戦力外通告を受けたタイミングで、同球団の営業部への転身を決意した。選手が引退後、すぐに営業に配属されるのは異例のことだ。

 中後さんが引退を決断した理由、セカンドキャリアを歩む中で感じる困難と喜び、現在の仕事にかける思いを聞いた。

元横浜DeNAベイスターズの投手、中後悠平さん

野球に携われる希望の光をもらった

――3度目の戦力外通告を受け、横浜DeNAベイスターズの職員に転身を決めた際の気持ちを教えてください。

 通告を受けたその日に、「職員として残らないか」と球団の方から話をいただきました。球団のベースボールスクールコーチとしての誘いだろうと当初は思っていました。しかし、後日話し合いの場に行ってみると、ベースボールスクールコーチと、“営業部”の選択肢を提示されたんです。

 元選手が直接営業部に就くことはほとんどありません。同時期に戦力外通告を受けた選手が数人いましたが、職員の誘いを受けた人はみんなベースボールスクールコーチの道に行きました。ビジネスに縁もゆかりもない僕に、営業としての提案が来るとは思っていなかったので、ありがたさを感じました。

 指導者とは違う方向から野球に携われる、希望の光を与えてもらったんです。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -