ニュース
» 2021年07月11日 07時00分 公開

当初見込みより税収大幅増、埼玉・川口市で何が起きている?移住者も増える「住みやすい街」(2/2 ページ)

[ZAKZAK]
ZAKZAK
前のページへ 1|2       

 旧鳩ケ谷市と合併したこともあって、人口は10年前と比べて10万人近く増え、今年6月時点で60万7352人となった。市外からの移住者も年々増えているという。

 埼玉県の21年の公示地価は8年ぶりに下落したが、川口市は住宅地が1.0%、商業地も0.3%の上昇だった。

 行政運営では、14年度以降、市税の徴収強化に取り組み、市有地の積極的な売却などでも財源を確保している。コロナ対応では市民への無料PCR検査を実施(すでに終了)したほか、低所得者の子育て世帯に国の特別給付金5万円に上乗せするかたちで1万円を給付するなどの取り組みも行った。

 少子高齢化や一極集中など課題山積の自治体だが、一つのモデルケースといえるかもしれない。

前のページへ 1|2       

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -