3分Biz.
調査リポート
» 2021年09月13日 10時30分 公開

20年度の決算業績、「減収」となった企業が約6割 売上高が減った・増えた業種は?(1/2 ページ)

帝国データバンクの調査で、20年度決算の企業業績が「減収」となった企業は58.3%と、19年度と比べ18.0ポイントも増加していることが分かった。業種別で売上高の増加率を分析してみた。

[コネムラメグミ,ITmedia]

 帝国データバンクは保有する企業財務データベース「COSMOS1」の中から、2020年度決算業績が判明している全産業(金融・保険を除く)約10万7000社の財務状況の傾向をとりまとめた。調査によると、「減収」となった企業が58.3%を占め、19年度(40.3%)と比べて18.0ポイント増加したことが分かった。業種ごとの売上高の伸び率が最も落ち込んだのは「宿泊業」、伸びたのは「電気通信・郵便」という結果に。

20年度決算の企業業績におけるコロナ禍の影響は?(画像はイメージ)

 「増収」となった企業は41.5%と、前年度から11.9ポイント減。コロナ禍が売り上げに与える影響が明らかとなった。20年度の売上高の伸び率平均は、0.2%減で減収幅はわずかだったものの、19年度の6.8%から一転した。

売上高動向企業割合と全産業売上高伸び率平均(出所:リリース、以下同)

 業種別にみると、減収企業の割合が最も高かったのは製造業(71.5%)。次いで卸売業(65.6%)、小売業(63.2%)という順。非製造業全体では、55.6%にとどまった。

業種別の業績推移
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -