ニュース
» 2021年09月23日 07時48分 公開

コロナ禍で危ない300社 実名で公表する会員制報告会東証1部上場や有名企業も(1/2 ページ)

経営やコンプライアンスなどに問題を抱える300社を実名で発表する会員制報告会が開かれた。東証1部上場企業や有名企業もリストに名を連ねている。

[ZAKZAK]
ZAKZAK

 経営やコンプライアンス(法令順守)などに問題を抱える300社を実名で発表する会員制報告会が開かれた。東証1部上場企業や有名企業もリストに名を連ねている。コロナ禍の財務状況の実態や、倫理的に問題のある組織体質などの内幕が次々に明かされた。

 企業情報に定評のある信用調査会社「東京経済」が東京都内で開いた報告会には銀行、商社やノンバンクの審査担当者らが詰めかけた。

photo 東京経済の夏期情報会=東京都中央区

 A4判15枚のリストには、300社の社名と取引銀行、仕入れ先のほか、「資金面の変調」や「内紛や幹部の辞任」「企業体質の問題や不祥事」など危険な兆候の内容がアルファベットで記載されている。昨年2月の報告会でリストアップされた企業のうち21社が破綻した。

 最新の300社リストには、東証1部を含む上場企業が26社含まれる。具体的な社名の紹介や担当者のコメントの直接的な引用は控えるが、やはりコロナ禍のあおりを受けた企業が多い。

 飲食チェーン店を展開するA社(アルファベットは社名と無関係、以下同)は「業績が悪化し、一部事業の同業への売却の噂がある」、観光関連のB社は「連結子会社の売却の噂もある」と明かされた。

 都市部を中心にサービス業を展開するC社は「有利子負債の負担が重い」と分析され、建設関連のD社は「大幅減益決算」が懸念されている。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -