ニュース
» 2021年11月14日 08時00分 公開

「阪急阪神」「大丸」古い慣習や意識を変える“脱百貨店”へ新発想サービス赤字百貨店は約8割(1/2 ページ)

コロナ禍で多くの小売店が苦戦するなか、百貨店の販売不振はとりわけ深刻だ。全国主要百貨店の2020年度の売上高は、既存店ベースで前期比25.7%減の4兆2204億円で3期連続の減収。市場規模は1年で1兆5000億円縮小し、赤字百貨店は約8割にのぼった。

[ZAKZAK]
ZAKZAK

 コロナ禍で多くの小売店が苦戦するなか、百貨店の販売不振はとりわけ深刻だ。全国主要百貨店の2020年度の売上高は、既存店ベースで前期比25.7%減の4兆2204億円で3期連続の減収。市場規模は1年で1兆5000億円縮小し、赤字百貨店は約8割にのぼった。

 低迷はいまに始まったことではない。時代の変化に対応できず、構造不況に陥っていた百貨店業界ではここ数年、撤退や閉店が相次いでいた。そうしたなか、“脱百貨店”をめざし、古い慣習や意識を変える取り組みが始まっている。

photo 大阪・梅田の阪神百貨店(写真)と大丸では古い慣習にとらわれない改革が始まっている

 10月8日、7年間の建て替え工事を終えた阪神梅田本店(大阪市北区)が2期棟をオープン。10フロアのうち4フロアを食品売り場や飲食店などが占め、“食の阪神”の強みをより鮮明に打ち出した。

 通常、百貨店を象徴する1階フロアにはラグジュアリーブランドや化粧品売り場が入るが、同店の1階にはおやつとパンと体験スペースしかない。「ニッチなスモールマス市場に対して熱量の高い人たちにとっての聖地になりたい」と、阪急阪神百貨店OMO販売推進部ディビジョンマネージャーの鈴木健三氏。

 そのために導入したのが、100人の「ナビゲーター」の存在だ。売り場の最前線に立ち、最終的にファンコミュニティーをつくる旗振り役として顧客と友達のような関係性を築く役割を担う。

 例えば、おやつナビゲーターの腰前和宣氏は、子供の頃からとにかくおやつが大好き。昨年ナビゲーターに任命されてからは「SNSで顧客と接点を持ち、食べる楽しみだけでなく、作る楽しみも分かち合うことを意識して発信してきた」。工場見学でおやつ作りの裏側を学んでインスタグラムにも投稿。洋菓子店とのコラボ商品まで開発している。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -