ニュース
» 2021年11月22日 12時51分 公開

鉄道新潮流 5Gが導く高速自動運転 サービス・現場変革も JR東(1/2 ページ)

鉄道事業者の間で、大容量データを遅延なくやり取りできる第5世代(5G)移動通信システム導入に向けた取り組みが活発化している。高速列車内でオンライン会議に参加できるといった旅客サービスや、遠隔制御で鉄道事業を効率化する自動運転分野での活用が期待されるからだ。各社は鉄道事業を大きく進化させる可能性を秘めた先端技術に力を注ぐ。

[産経新聞]
産経新聞

 鉄道事業者の間で、大容量データを遅延なくやり取りできる第5世代(5G)移動通信システム導入に向けた取り組みが活発化している。高速列車内でオンライン会議に参加できるといった旅客サービスや、遠隔制御で鉄道事業を効率化する自動運転分野での活用が期待されるからだ。各社は鉄道事業を大きく進化させる可能性を秘めた先端技術に力を注ぐ。

photo

 新幹線内での快適なオンライン会議、動画中継の視聴…。5Gが可能にするサービスは多い。JR東日本では数年前から高速鉄道における5Gの実用可能性を確認する実証実験を進めてきた。昨年末には時速360キロで走行する新幹線試験電車「ALFA−X」内と地上の双方向で4Kと8Kの高精細画像を伝送する実験を行い、国内最高速度での通信に成功。「車内サービスに活用できることを確認した」(生田剛一・技術イノベーション推進本部ICT推進プロジェクト副課長)。

 ただ、実用化には5Gアンテナをきめ細かく設置するなどの設備充実が欠かせない。5Gは電波が線路周辺の遮蔽物などの影響を受けやすく、鉄道で利用すると通信状況が不安定になるといった課題がある。「駅周辺など難しい場所は、(アンテナ設置にたけた)携帯電話事業者に協力してもらい整備を急ぐ必要がある」(同)という。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -