ニュース
» 2021年11月26日 08時00分 公開

タワマンが売れる東京と売れない大阪 住人の出身地、嗜好に影響かタワマンの供給戸数が少ない(1/2 ページ)

不動産経済研究所の「超高層マンション動向2021」によると、首都圏でのタワマン供給予定は173棟に比べて近畿圏は46棟。なぜ開発棟数が少ないのか……。

[ZAKZAK]
ZAKZAK

 先日、総選挙があってご存じの通りの結果に終わった。

 東京人にとっては、大阪の選挙区で自民党が壊滅し、日本維新の会が大躍進を遂げたことが不思議なのではないか。そのように予測したメディアはなかったと記憶する。

 大阪は長らく日本で2番目の街であったが、近ごろは神奈川よりも人口が少ない。ただし、神戸や京都も含めた都市圏と考えれば、日本では首都圏に次ぐ規模である。

photo タワマンと見栄の関係。地域差もありそうだ

 東京をはじめとする首都圏の住人は、大阪のことを「東京よりも小さいサイズの街」という捉え方をしている。人口や経済力など、ボリューム面の違いのみの差異で理解しているのである。

 それは間違いではない。しかし、かなり重要な部分を見落としている。

 大阪の選挙区で勝ち上がった維新の当選者で、関西弁を話せない人は何人いただろう。おそらくいないはずだ。

 私は京都市で生まれ育ったが、地元の人と話すときは京都弁である。時に標準語が出てしまうが、気の置けない間柄だと「気持ち悪いな」と言われてしまう。それは大阪でも同じはずだ。

 時に大阪で仕事をするときもある。多くの大阪人と接したが、彼らのほとんどは大阪府内かその周辺の出身者である。

 ところが、東京で出会った人のほとんどは地方出身者である。ときどき東京都生まれがいるという印象だ。

 つまり、大阪はサイズ的には大都会だが、地元人の街。東京はよそ者の街なのである。この違いはさまざまな面に表れてくる。

 私のフィールドであるマンション市場で考えてみよう。

 大阪のマンション市場では、需要層はほぼ大阪人。一般に関西人というのは、首都圏の人に比べて見栄を張る場面が少ない。それよりも自虐的にボケることを好む。だからなのか、街のサイズの割には見栄っ張り向きのタワーマンションの供給戸数が少ない。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -