連載
» 2022年03月30日 07時00分 公開

コロナで売り上げ3倍に 「ホットクック」が生み出した新市場とは?家電メーカー進化論(1/5 ページ)

コロナ禍でライフスタイルが変化し、さまざまな白物家電が注目を集めている。中でも「ヘルシオ ホットクック」は爆発的な人気だ。シリーズ累計出荷台数は40万台。ホットクックがビジネスとして成功し、新しい市場を生み出すまでに成長したのか。人気の理由を見ていきたい。

[コヤマタカヒロ,ITmedia]

 2020年から続くコロナ禍でライフスタイルが変化したことにより、さまざまな白物家電が注目を集めている。

 その中でも特に存在感を示し、爆発的な人気を誇るのがシャープが2015年に発売した電気無水鍋「ヘルシオ ホットクック(以下、ホットクック)」だ。

 シリーズ累計出荷台数は40万台。「電気調理鍋」という調理家電のジャンルをも生み出した。

 なぜホットクックは、ビジネスとして成功、新しい市場を生み出すまでに成長したのか。人気の理由を見ていきたい。

21年9月発売の「ヘルシオ ホットクック」最新モデル。本体サイズがわずかながらコンパクトになった
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -