インタビュー
» 2013年08月13日 13時00分 公開

新しいマーケティング手法をビジネス小説で説明した理由 (3/3)

[新刊JP]
新刊JP
前のページへ 1|2|3       

LINEの次は何がくる? プロモーションの仕事でうまくいかないときは……?

『なぜ小さなコスメ店が大型ドラッグストアに逆襲できたのか?』著者の中沢敦さん

―― 今は「LINE」がものすごい勢いで伸びていますが、「LINE」の次にくるものって予想できていますか?

中沢 それは分からないですね。LINEも震災後に公開されたものですが、震災のころにこのようなサービスが登場するのを誰か予想できたというと、できた人はいないと思います。

 今後、スマートフォンレベルでいえばLINEほどインパクトのあるコミュニケーションツールは出てこないと思いますね。ただ、Google Glassのようなウエアラブル端末が出てくると、新しいツールが出てくる可能性があります。コミュニケーションのデバイスが変わると、手法も変わりますから。

―― こうして新しい手法が次々と登場するプロモーションの業界はすごく大変だと思いますが、この小雪は物語の中で打ちひしがれながらも、いろいろなことを学んで成長していきますよね。仕事をする上で、うまくいかないことも多いと思いますが、中沢さん自身はうまくことが運ばないときはどう考えるようにしていますか?

中沢 僕らもライバル企業と競って、プレゼンテーションで負けてしまうときがあります。また、期待を込めて出したものがうまくいかなかったり、予想と違う結果になったりすることもありますが、僕個人、そういうときには、神様が与えてくれた試練であり、これが次への飛躍になるんだと思うようにしています。うまくいくために考え抜いたり、経験したという事実は残るので、次の飛躍にどう結びつけるかということを大事にしていますね。

―― そういう点で、この本にはもう1つ読み方があるように思います。つまり、若手のビジネスパーソンがどう成長していくのか、というところです。

中沢 そうですね。この物語の中でも、小雪はたくさん失敗していますけど、結局それが経験として積み重なって、成長していくんですよね。自分から考えたり、与えてもらったチャンスを生かして、自分の力量よりも少し上のことをチャレンジすると、成長の角度は高くなるはずです。

―― では、中沢さんがお勧めする本書の読みどころを教えてください。

中沢 そうですね……。本の最後の部分かな。こういう展開になるんだ、と思うはずです。あまりにももったいないので、2冊に分けて本を発売しようと思っていたくらいです(笑)。まずはストーリーとして楽しんでほしいですね。

―― 本書をどんな人に読んでほしいですか?

中沢 もちろん、地方の小売店の方には読んでほしいですが、逆に大手の小売店のプロモーションを手伝っている方や、O2Oをはじめとした新しいマーケティングの概要を知りたい人、勉強したい人にも読んでほしいです。かなり分かりやすく説明しているつもりです。

―― 最後に、このインタビューの読者の皆さまにメッセージをお願いします。

中沢 僕自身、本はよく買うのですが、そのうち全部読み切れない本って3割くらいあるんですよね。それはいろいろな理由があるのですが、せっかく買ったのに全部読まないって残念じゃないですか。この本は2時間で読めて、なおかつちゃんと知識を仕入れられるように書いていますし、新しいマーケティングについても網羅しているので、ぜひ、気軽に手にとって読んでほしいなと思います。

前のページへ 1|2|3       

Copyright(c) OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる