速報
» 2004年07月06日 11時16分 公開

Lovgateワームに新種登場

新バージョンのLovgateワームが登場し、世界的な流行の兆しを見せている。ウイルス対策企業のMcAfeeは中程度の危険度と指定。バックドアを仕掛け、内蔵したSMTPエンジンによるメール送信など、さまざまな手法を用いて増殖していくという。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 新バージョンのLovgateワームが登場し、既に複数のFortune 500企業に感染するなど世界的な流行の兆しを見せていると、ウイルス対策企業のMcAfeeが報告している。

 新種ワームのLovgate.ad@MMは、その前身と同様に、電子メールやファイル共有を通したり、複数のWindowsバージョンに存在するリモートプロシージャコール(RPC)脆弱性を利用したりして、大量の自己複製を図る。昨年大流行したBlasterワームも同様の欠陥を利用していた。

 McAfeeのアドバイザリによれば、このワームは感染したシステムにバックドアを仕掛け、内蔵したSMTPエンジンによるメール送信など、さまざまな手法を用いて増殖していくという。

 これはLovgateワームの30番目の変種だが、同社によって中程度の危険度と指定されたものは数少ない。「他のLovgateワームよりも少しだけ成功していると言えるだろう」と同社ウイルス研究マネジャーであるクリス・シュマガー氏。

 McAfeeではいくつかの大口顧客から感染の報告を受けており、数百から数千のシステムが感染している例もあるという。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ