グローバル戦略が新たな段階に入り、グループ経営に効率化が求められる今、情報システムの脆弱さや複雑さ、テクノロジーの老朽化は意図せず企業の競争力をそぎかねません。
更改を検討しているシステム基盤や、新しいソリューション展開に相応しいシステム基盤について、その選択肢を理解し、戦略的な選択をおこなうことが求められています。
企業ユーザーやベンダーによるさまざまな採用事例・検証結果を通じて、これらの課題解決、不安解消に向けた最新情報をお届けします。

イベントレポート

システム基盤改革フォーラム 2012講演レポート(前編):

グローバル規模で経営環境が目まぐるしく変化する今、日本企業が時代の荒波を乗り越えるために必要な条件とは何か。このたび開催された「システム基盤改革フォーラム」の講演の中からそのヒントを探る。

(2012年10月29日)
システム基盤改革フォーラム 2012講演レポート(後編):

10月4日に開催された「システム基盤改革フォーラム 2012 〜導入事例と検証結果から知る、仮想化/基盤テクノロジーの選択肢と現実解〜」では、日本IBMが誇るPOWERプロセッサ搭載サーバ「Power Systems」が企業にもたらす価値について、技術解説を交えながら強調された。

(2012年10月31日)

ホワイトペーパー

本資料ではHadoopに仮想化を適用した際の適用分野を紹介するとともに、従来とは異なる仮想化テクノロジーの使用により、これまでタブーとされてきた仮想化環境でも十分な性能を発揮することを確認したIBMとパートナー企業との共同検証結果を掲載している。

(2012/11/15)

20年以上にわたり開発ロードマップを着実に実行してきたPOWERプロセッサーがますます進化している。最新の「POWER7+」では性能のさらなる向上に加え、エネルギー効率がPOWER4の50倍になるなどIT基盤の選択肢として多くのメリットを実現している。

(2012/11/01)

x86ベースの仮想化製品と比較して、よりダイナミックな拡張性や高い信頼性、優れた経済性を備えたIBM POWER7システムにおける仮想化テクノロジー「IBM PowerVM」がこれからのIT基盤を支える仮想化ソリューションの重要な選択肢となる。

(2012/10/26)

PowerLinuxサーバ上で「IBM InfoSphere BigInsights」と「InfoSphere Streams」を稼働させることで、大量で非構造化のデータ分析や不正検知などのリアルタイム分析も実施可能となり、ビッグデータ活用による影響力の強いビジネス上の意思決定が可能になる。本資料ではIBM Watsonから得られた技術進歩のノウハウをビジネスに活用するためのノウハウを紹介している。

(2012/10/15)

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia エンタープライズ編集部/掲載内容有効期限:2012年12月14日

Copyright© 2021 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.