検索
ニュース

Oracle、Java 9でブラウザプラグインを廃止へ

Javaなどのブラウザプラグインでは脆弱性を突く攻撃が横行し、動作が不安定になるなどの問題も指摘されていた。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

ついにJavaプラグインがWebブラウザからなくなる(Oracleより)

 米Oracleは1月27日、2017年に公開予定のJDK 9でJavaブラウザプラグインを廃止する計画を発表した。

 Webブラウザでは従来、JavaやFlash、Silverlightなどのプラグインによってさまざまな機能を実装してきた。しかし、Javaなどのプラグインでは脆弱性を突く攻撃が横行。動作が不安定になるなどの問題も指摘され、主要ブラウザではプラグインのサポートを段階的に打ち切ったり無効化したりする動きが加速していた。

 Oracleのブログによると、今後のJava SEリリースではJava Development Kit(JDK)、Java Runtime Environment(JRE)ともJavaブラウザプラグインが削除される。なお、Java Web Startはブラウザプラグインには依存しておらず、この影響は受けない。

 Javaプラグインを使っているアプリケーションのデベロッパに対しては、Java Web Startなどプラグインを使わない技術への移行を検討するよう促している。

 JDK 9は2017年3月に正式版が公開される見通し。


開発中のJava 9

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る