ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電脳戦機バーチャロン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電脳戦機バーチャロン」に関する情報が集まったページです。

画面が動く「バーチャロン」ミニチュア筐体が話題に ノスタルジーの洪水が押し寄せる
映像はゲーム基板を入手してキャプチャーしたもの。(2019/5/14)

PS4「ツインスティック」増産プロジェクト、目標達成 30日まで支援募る
PS4向けゲームコントローラー「ツインスティック」の増産を目指すクラウドファンディングが、目標の4460万円を達成して成立した。商品の発送は2020年3月ごろの予定。1月30日まで募集を続ける。(2019/1/15)

タニタの「バーチャロン」ツインスティック増産プロジェクトが目標金額を達成! 1月30日まで注文を受付中
増産チャレンジでも勢い変わらず……!(2019/1/14)

タニタ、「ツインスティック」の増産プロジェクト開始 台数制限なしの購入型クラウドファンディングで
タニタがゲームコントローラー「ツインスティック」の増産を目指して、12月21日から購入型のクラウドファンディングプロジェクトを始める。(2018/12/20)

タニタ、「バーチャロン」用ツインスティック増産に向け再度クラウドファンディングへ 今度は生産台数制限なし!
やったあああああ!(2018/12/20)

タニタ、とうとうゲーム機能内蔵体組成計を開発 ピンボールを楽しみながら健康管理できるぞ
ゲーム関連の製品をよく作ってると思ったら……。(2018/12/11)

マシーナリーともコラム:
ツインスティック商品化実現おめでとう! 今こそバーチャルユーチューバー勢は全員「バーチャロン」をやるべきです。やれ。
これから毎日バーチャロン対戦しようぜ?(2018/10/28)

タニタの「ツインスティック」プロジェクト、1日で目標額を達成 セガゲームスの発表が後押し
タニタのクラウドファンディンが開始からわずか11時間26分で目標金額を達成。セガゲームスの対応タイトル発表をきっかけに支援者が急増し、「ツインスティック」商品化が決定した。(2018/10/19)

タニタの「バーチャロン」ツインスティック商品化プロジェクト、開始から12時間以内に目標達成
セガが「バーチャロン」過去作のPS4移植を発表した後の勢いがすごかった。(2018/10/18)

セガゲームス、「電脳戦機バーチャロン」過去3作のPS4移植を電撃発表 ツインスティックCFの支援金額は激増中
クラウドファンディグはオーバーキルの勢い。(2018/10/18)

タニタ、「バーチャロン」用ツインスティック商品化へ再始動 今度こそクラウドファンディング達成なるか
諦めてなかったのか!(2018/10/18)

タニタが「ツインスティック」プロジェクト再始動 目標額を抑えてリベンジ
タニタは、7月末に不成立に終わった、ゲームコントローラーの開発を目指すクラウドファンディングのプロジェクトを再始動させる。(2018/10/18)

タニタのバーチャロン用「ツインスティックVTX」クラウドファンディング、目標額届かず不成立
残念……。(2018/7/31)

タニタ「ツインスティック」プロジェクト、8000万円集めるも「不成立」で終了
タニタが6月8日から始めていた、ゲームコントローラー「ツインスティックVTX」開発プロジェクトのクラウドファンディングが終了。支援総額は約8254万円で、目標の2億7700万円に届かなかったためプロジェクトは「不成立」となった。(2018/7/31)

「セガサターン」デザインの体組成計が再販開始……えっ、メガドラとドリキャスのも出るって!?
今のところ告知のみですが、メガドラ版とドリキャス版も楽しみ。(2018/6/15)

「ゲーム用語が分からなかった」 タニタのゲーム業界進出、責任者は“ゲーム初心者”だった
体重計メーカーのタニタが、セガゲームスの「電脳戦機バーチャロン」新作向けに、ゲームコントローラーの開発に乗り出す。ゲーム分野は、タニタにとって新たな事業領域。ネット上では「タニタが本気だ」「ニッチな商品だが大丈夫か」と話題を呼んだ。そんな開発プロジェクトを社長から任されたのは、「あまりゲームに触れたことがなかった」という久保彬子さん(新事業企画推進部)だった。(2018/6/15)

「社長の趣味ではない」:
タニタ、「とある魔術の電脳戦機」PS4用スティック開発を正式発表 ネットで2億円募集
タニタが「とある魔術の電脳戦機」PS4版の専用コントローラー開発を目指すと発表。クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で資金募集を始め、2億7700万円の獲得を目標とする。目標達成した場合は資金を生かし、使いやすくするという。(2018/6/8)

タニタ、バーチャロン用「ツインスティックVTX」クラウドファンディング始動! 1台5万5400円から
うおおおお!!!(2018/6/8)

タニタがゲーム業界に進出 セガと「バーチャロン」対応コントローラー開発 支援募る
体重計メーカーのタニタが、セガの「バーチャロン」向けに、ゲームコントローラー「ツインスティックVTX」を開発する。クラウドファンディングサイトで支援を募る。(2018/6/8)

「バーチャロン」の新作が15年ぶりに出たのにあんまり盛り上がっていないのでいいところをひたすら挙げる記事を書きました
あと10万本くらい売れてほしい。(2018/3/10)

タニタ、ゲーム事業に参入 「とある魔術の電脳戦機」対応ツインスティック開発へ
タニタがゲーム事業に参入。セガの「バーチャロン」シリーズ最新作に対応するハード「ツインスティック」を開発するという。(2018/2/16)

タニタ、バーチャロン対応ツインスティック開発へ 社長のゲーム愛が異色のプロジェクトに発展
社長がバーチャロンの大ファンだったことから、セガと交流してきた経緯がありました。(2018/2/16)

待ってた! バーチャロン15年ぶりの新作「とある魔術の電脳戦機」PVがワクワクしかない
バーチャロン好きもとある好きもニッコリ。(2017/9/20)

ニコニコ生放送で「セガサターン」特集 「サクラ大戦」から「ダイナマイト刑事」まで名作ゲームを24時間プレイ
思い出が甦る……。(2017/8/12)

“ドラクエをクリアするため”ユニークな有給申請が話題に 上司「クリアには日数が足りないから4連休にした」
なお、上司はFF派らしい。(2017/7/29)

「バーチャロン」15年ぶりの完全新作 まさかのコラボゲー「とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)」2018年に発売
本当に始動してしまった……!(2017/3/13)

2017年「ツインテールの日」 アイドルからニッパーまで、今年もツインテールがネットを席巻
いやぁー、ツインテールってほんっとうに良いもんですね!(2017/2/2)

セガ「コミケットスペシャル6」に参戦! ほぼ実物大のセガサターン・バッグなど販売
社是「創造は生命」の掛け軸風タオルも。(2015/3/13)

社員が見た「ニコ動」以前のドワンゴ――15年間の成長を振り返る「退職エントリ」、連載形式で
ドワンゴに15年勤めたエンジニア・松尾壮紘さんが、入社当時のドワンゴについてつづる「退職エントリ」の連載を始めた。(2014/8/11)

セガがコミックマーケット83に落選
「こればっかりは抽選なのでどうしようもない」。(2012/12/11)

「いでよ どうぶつの森」「電脳戦機バーチャン」――Twitterのハッシュタグ「名作ゲームから一文字抜くと趣が変わる」が人気
スケール感のギャップが魅力。(2012/10/30)

ねっと知ったかぶりβ版(11/21〜11/25) 初音ミクが暗闇でフェイ・イェンだった
注目ニュースをまとめてお届けする「ねっと知ったかぶり」。今週はグリーのDeNA提訴が話題になりました。「TAMASHII NATION 2011」で見つけたフェイ・イェン仕様のミクさんも紹介します。(2011/11/25)

「いまいち萌えない娘」がガンダムになった……!?
ガンダムが萌えるかどうかはさておいて、「いまいち萌えない娘」が「いまいち萌えないガンダム」になったようです。(2011/11/4)

日々是遊戯:
アーケード版そのままの「初音ミク」コントローラーがホリから登場! 重量なんと6キロ!?
3月9日の「ミクの日」に、ホリからうれしいプレゼント。アーケード版そのままのプレイ感覚が楽しめる「初音ミク」のアーケードコントローラがプレオーダーが開始となっています。(2011/3/9)

週間ソフト販売ランキング:
あけましたが、昨年のランキングです
2010年12月19日〜12月26日までのソフト販売ランキング。「AKB1/48 アイドルと恋したら…」「The 3rd Birthday」がしっかり食い込んでいます。(2011/1/5)

「バーチャロン フォース」では細かなオプションが可能! テムジン747系も紹介
(2010/12/3)

千原せいじさん、藤森慎吾さんなど、5人の芸人が登場!――「Fable III」発売記念イベント
10月28日に発売となる「Fable III」。これを祝って千原せいじさん、藤森慎吾さん、竹若元博さん、松田大輔さん、ハチミツ二郎さんの5人が登場!(2010/10/27)

「電脳戦機バーチャロン フォース」の数量限定版の詳細判明
数量限定版「電脳戦機バーチャロン フォース メモリアルボックス 15」の内容が公開された。(2010/10/12)

マイクロソフトブース、出展タイトルを発表――「TGS2010」出展ブース情報
いよいよ今週の木曜日から千葉・幕張メッセでスタートする「東京ゲームショウ2010(TGS2010)」。13日には、Xbox 360を擁するマイクロソフトブースの出展タイトルが明らかになった。また、セガブースでは「ファンタシースターポータブル2 インフィニティ」×「カロリーメイト」コラボ企画についての追加情報が発表された。(2010/9/14)

セガ、コナミがステージイベントスケジュールを発表――「TGS2010」出展ブース情報
開催まであと6日となった東京ゲームショウ2010(TGS2010)。セガとKONAMIは連日ステージイベントを多数開催し、ほとんどのステージがUSTREAMでもライブ配信される。幕張メッセに行けない人も要チェック!(2010/9/10)

Xbox 360 Media Briefing 2010(詳細版):
「FF XIII」から「Kinect」まで、怒濤のラインアップが発表された「Xbox 360 Media Briefing 2010」リポート
9月8日、マイクロソフトは発表会「Xbox 360 Media Briefing 2010」を開催。年末商戦に向けたXbox 360のラインアップや新サービスが発表された。その模様を詳細にお届けする。(2010/9/9)

Xbox 360 Media Briefing 2010(速報版):
「Kinect」11月20日発売決定――Xbox LIVEで「Zune」国内サービス提供へ
同日発売タイトルが6タイトル出そろう「Kinect」の発売日が発表。Xbox 360 Media Briefing 2010では、「FINAL FANTASY XIII」Xbox 360版や「Mass Effect 2」の国内発売決定、動画配信サービス「Zune」ビデオの国内展開の報告も!(2010/9/8)

「TGS2010」各社出展タイトルが続々と発表に
あと2週間ほどで開幕する「TGS2010」を前に、当日出展されるゲームタイトルが各社から続々と発表されている。(2010/8/31)

胸のサイズって気になりますよね――「電脳戦機バーチャロン フォース」予約特典
対象店舗で予約購入すると、胸部パーツを変更できる「フェティッシュ解放コード」をプレゼント。(2010/8/26)

15周年記念限定版も――「電脳戦機バーチャロン フォース」は12月22日に出撃決定!
セガは、Xbox 360「電脳戦機バーチャロン フォース」の発売日を発表。シリーズ15周年を記念した数量限定版「電脳戦機バーチャロン フォース メモリアルボックス15」も発表した。(2010/7/30)

「電脳戦機バーチャロン」の等身大テムジン、「ロボットと美術」展に登場
セガが今冬発売予定のXbox 360「電脳戦機バーチャロン フォース」にも登場する、テムジンの等身大フィギュアが出展される。(2010/7/5)

限定版「電脳戦機バーチャロン フォース」専用コントローラ、プレオーダー開始
「電脳戦機バーチャロン フォース」発売に合わせ、今回も専用コントローラの限定発売が計画されている。プレオーダーが予定数に達しないと発売もキャンセルとのことなので、まだ手に入れていない人は申し込みを忘れずに(2010/6/17)

こいつ動くぞ――「電脳戦機バーチャロン フォース」最新映像公開
(2010/6/4)

Xbox 360版「電脳戦機バーチャロン フォース」、今冬発売決定
1995年にシリーズがスタートし、3D対戦アクションゲームの先駆けともなった「電脳戦機バーチャロン」。その3作目「電脳戦機バーチャロン フォース」がXbox 360版で蘇る。(2010/5/21)

東京ゲームショウ2009:
「FFIV」や「ガンダム」「ときメモ」の新作など20作以上を試遊――ドコモブース
ドコモブースでは25タイトルのゲームが展示されており、来場者が自由に試遊できる。「ファミスタワイヤレス」や「機動戦士ガンダムオンラインアドバンス」「TETRIS LEAGUE」などのオンラインゲームは、説明員と対戦することも可能だ。(2009/9/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。