ITmedia NEWS >
速報
» 2004年05月13日 10時36分 公開

各種メディア対応のUWBチップ開発

[ITmedia]

 超広帯域無線(UWB)チップメーカーの米Pulse~LINKは5月11日、ソフトウェア定義により各種メディアに対応した初のUWBチップセットを開発したと発表した。

 ワイヤレス、CATV、電灯線ベースの3種のUWB通信技術を一つのチップセットにまとめており、家電や家庭向けのコンピュータ機器を、さまざまな手段でシームレスにネットワーク化できるとうたっている。6月9日〜18日にマサチューセッツ州ボストンで開催の国際電気通信連合(ITU)のUWBに関する世界会議でデモを行う予定。

 同社では、2005年半ばの商業出荷を見込んでいる。接続速度はワイヤレスで最大1Gbps、電灯線ベースで同200Mbps、CATVでは同1Gbpsだという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.