ITmedia NEWS >
速報
» 2004年07月01日 10時21分 公開

Broadcom、省スペース・省電力の802.11i対応11gチップを発表

[ITmedia]

 通信チップメーカーの米Broadcomは6月29日、ノートPC、PDA、家電向けの新しい802.11g対応チップ「BCM4318」を発表した。

 2.4GHzのラジオ、802.11a/gベースバンドプロセッサ、Medium Access Controller(MAC)などのコンポーネントを1つのチップにまとめた。従来のWi-Fiモジュールと比べサイズを72%縮小、無線LAN機器に必要なコンポーネントの数を45%減らしたという。無線LAN機器のサイズ、製造コスト、電力消費量を減らすチップだとしている。

 また、最近承認されたばかりの無線LANセキュリティ規格802.11iも組み込んでいる(関連記事参照)。

 Broadcomは、戦略的パートナー向けにBCM4318をサンプル出荷中。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.