ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年08月17日 13時13分 公開

USEN、WMA形式の音楽配信サービス「Ongen」を開始

有線ブロードネットワーク(USEN)は、Windows Media Audio(WMA)形式を採用した音楽配信サービス「Ongen」を開始した。開始当初は、シングル14,000曲、アルバム1,000タイトルを揃えている。

[記事提供:RBB TODAY]
RBB Today

 有線ブロードネットワーク(USEN)は、Windows Media Audio(WMA)形式を採用した音楽配信サービス「Ongen」を開始した。開始当初は、シングル14,000曲、アルバム1,000タイトルを揃えている。

 支払いはクレジットカードまたはWebMoneyが利用でき、シングルは1曲につき105円〜270円(税込み)、アルバムは1タイトルにつき1,200円〜2,800円(税込み)。購入した楽曲はPCで楽しめるほか、著作権保護方式として「Windows Media Digital Rights Management 9」を採用しており、ポータブルプレイヤーへの転送も可能だ。

 また、カラオケ音源のダウンロード、音楽評論家によるインディーズ楽曲のリコメンドも提供される。

 今後は、提供する楽曲を増やすとともに、映像のダウンロード、ビデオクリップなどのストリーミング、IPラジオ、ISP課金を開始する計画だ。