ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年08月19日 15時04分 公開

BOSE、薄さ5センチの壁掛け/埋め込み型スピーカー

高音質と薄型化を両立させたという。2ウェイ3スピーカー構成。

[ITmedia]

 ボーズは、本体の薄さを5センチに抑えた壁掛けスピーカー「230SM」と、埋め込み型スピーカー「230」を10月12日に発売する。それぞれ2万1000円(税込み)。

「230SM」(左)と「230」

 同社の低音再生技術「アコースティック・ウェーブガイド・テクノロジー」の改良して搭載し、薄型ボディと高音質を両立させた。

 230SMは、付属フックとネジ1本で時計のようにして壁に取り付けられる。付属ブラケットを利用すれば天井埋め込みも可能だ。230は、ネジを1本締めるだけで埋め込める新機構を採用し、ボード厚5−35ミリまでの吊り天井に取り付け可能。

 57ミリのウーファー×2と19ミリのツィーター×1の2ウェイ3スピーカー構成。アルミボビンに銅線をエッジワイズ巻きしたウーファーユニットを採用して磁気効率をアップ。ネオジウムマグネットを採用した磁性流体入りツィーターにより周波数特性を高めている。3スピーカー間の干渉をなくすように配置し、指向特性を全帯域にわたって均一にした。

 それぞれ、再生周波数帯域は70Hz−20kHz最大入力は30ワット、インピーダンスは6オーム、出力音圧レベルは85デシベル。

 前面グリルは好きな色にペイントできる。サイズは、230SMが直径は228(直径)×61ミリ、230が260(直径)×50(奥行き)ミリで、重さはそれぞれ1.5キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.