ITmedia NEWS >
ニュース
» 2014年11月28日 20時33分 公開

32ビット/384kHz:ワンランク上の上質な音楽体験を――「DSD native/DoP対応 32bit/384kHz USB DAC」

上海問屋が、USB接続対応外付けDACを発売した。価格は1万9999円。

[村上万純,ITmedia]

 ドスパラは11月28日、同社直販ショップ“上海問屋”で「DSD native/DoP対応 32bit/384kHz USB DAC」(DN-11674)を発売した。価格は1万9999円(税込、送料別)。

photophoto DSD native/DoP対応 32bit/384kHz USB DAC

 本製品は、DSDフォーマットとDoP転送方式、ASIO/WASAPIドライバ対応の外付けDACだ。オーディオコントローラにBRAVO「SA9227」を、DAC部にはシーラスロジック「CS4392」を採用。32ビット/384kHzに対応する。PCとDACを接続した後は、付属のCDからドライバ「BRAVO-HD Audio CPL」と再生ソフト「JRiver Media Center」をインストールする必要がある。

 ボリュームキー/電源スイッチは前面に搭載。入力は背面のUSB(Type-B)端子、出力は前面の6.3/3.5ミリヘッドフォン端子、背面のS/PDIF(丸型光デジタル端子)/3.5ミリミニ端子で行う。電源はUSBバスパワー。サイズは67(幅)×78(高さ)×28(奥行き)ミリ、重量は約169グラム。インピーダンスは16〜600オーム。対応OSはWindows Vista/7/8/8.1。

→PC USER特設ページ「ニーハオ!!上海問屋」
小粋で便利な周辺機器やAV製品から、おもしろUSBメモリまで、多彩な製品がここに集結!! “上海パンダ”がお出迎え


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.