Qualcomm【くあるこむ】

【国内記事】 2001年4月16日更新

 cdmaOneの電話機の裏側には必ず「Qualcomm」というロゴを見ることができる。これは米国Qualcommの技術がcdmaOneに採用されているということにほかならない。CDMA方式そのものはQualcommが考えたものではないが,それを携帯電話に応用するための技術は同社が開発したものであり,携帯電話を語る上では重要なキーとなる企業なのである。

 Qualcommは1995年に,米国のデジタル携帯電話に独自のアイディアを加えたことで,一躍業界の脚光を浴びることとなった。やがてそれが米国での標準「IS-95」として採用されるに至っている。

 もともとCDMA方式はある程度の広帯域を必要とし,周波数の有効利用には向いていないとされていた。しかし,Qualcommの提唱する送信電力制御などを行うことで,TDMA方式に比べ1.5倍程度のユーザーを収容できることが分かったのである。

 以降,欧州を中心としたGSMに,唯一対抗できる携帯電話技術として,世界戦略的にcdmaOne(IS-95)の普及が後押しされ,現在の国際ローミングが可能になるまでとなった。

 一方CDMA方式は,NTTドコモなどが採用するW-CDMAでも使われている技術である。そのため,Qualcommの持つ技術と何が違うのか,非常に分かりにくいものとなっている。そうした背景からQualcommが,自社の知的所有権(IRP)を侵害したとして,スウェーデンの通信機器メーカーであるEricssonを訴えるという事件も起きている。最終的に両社はクロスライセンスを結んだものの,このことは3Gの標準化についても大きな波紋を投げかけることとなった。

 現在Qualcommでは,IS-95BやIS-95Cを足がかりに,cdma2000,1x,HDRなど,3Gに向けて主要な技術を次々と開発中である。なお,電子メールソフト「EUDORA」もこのQualcommの製品であることは,あまり知られていない。

(図版:cdmaOneの本体背面にあるQualcommロゴ)

[江戸川,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!