ハンドヘルドコンパニオン,前年比20%増と順調な伸び──IDC

ザウルスやPalm,Pocket PCに代表されるハンドヘルドコンパニオンの2000年の出荷台数は約60万台。今後も20%以上の伸び率を維持しそうだ。

【国内記事】 2001年5月9日更新

 PCの出荷台数が「今後,増加ペースは減速する」(JEITA)と不透明な中(5月8日の記事参照),ザウルスやPalm,Pocket PCに代表されるハンドヘルドコンパニオンは今後も20%以上の伸び率を維持しそうだ。

 IDC Japanは5月9日,2000年の国内スマートハンドヘルドデバイス出荷実績を発表した。それによると2000年におけるスマートハンドヘルドデバイス全出荷台数は137万4000台。対前年比で3.2%と小幅な成長だった。

伸びるハンドヘルドコンパニオン

 ここでいう“スマートハンドヘルドデバイス”には,業務用ハンドヘルド機器,スマートフォン,ハンドヘルドコンパニオンなどが含まれる。全体としては小さな成長だが,この伸びを牽引したのはデスクトップPCやノートPCの補足マシンとされる“ハンドヘルドコンパニオン”だ。

 なお,2000年度からIMT-2000で実現するような高性能な携帯電話はスマートフォンに含まれていない。

出典:IDC Japan

 ハンドヘルドコンパニオンの出荷台数は91万2000台で,対前年比20.2%の成長を記録。IDCは「今後も17.8%で伸びていき,2005年には207万台に到達する」と見込んでいる。

 中でも,キーボードを持たずペンで操作する「パーソナルコンパニオン」と呼ばれるデバイス群では,対前年比38.1%増の63万9000台という高成長を見せた。シャープのザウルスやライセンシー数社が発売したPalmデバイス,カシオや日本ヒューレット・パッカードが発売したPocket PCなどが,この伸びの原動力となったとIDCは予想している。

 また,キーボードを持つ「PCコンパニオン」と呼ばれるデバイス群も,対前年比24%増の23万9000台が出荷された。IDCでは「上級者をメインターゲットとしていたWindows CEデバイスが,ラインナップを増やし,女性など新たなユーザー層の獲得に成功したため」と分析している。

パーソナルコンパニオン出荷台数ベンダー別シェア(出典:IDC Japan)

PCコンパニオン出荷台数ベンダー別シェア(出典:IDC Japan)

既にノートPC出荷台数の1割程度まで成長

 5月8日にJEITAがまとめた2000年度の国内PC出荷台数は,ノートPCが623万2000台,デスクトップPCが587万台であった(5月8日の記事参照)。ザウルスやPalmなどのパーソナルコンパニオンは,既にノートPCの1割程度まで出荷台数を伸ばしている。

 PC全体の出荷台数に関しては,増加ペースの減速が予測されるが,スマートハンドヘルドデバイスの増加は堅調だ。2005年には270万台程度まで達するとIDCでは推測している。

関連記事
▼ノートPC出荷台数が過半数を超える――2000年度国内PC出荷台数

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!