東芝,世界最薄・最軽量のDynaBook SSなど4機種を発表

今度のDynaBook SSは,12.1型液晶を搭載しながら“世界最薄・最軽量”を名乗る。スペックにも妥協はなく,最新のCPUに,無線LAN,有線LAN,SDカードスロットが搭載された。

【国内記事】 2002年1月21日更新

 東芝は1月21日,14.9ミリ/1.19キロという世界最薄・最軽量を実現する「DynaBook SS S4/275PNHW」など4機種を発表した。価格はそれぞれオープンプライスで,2月上旬以降発売される。

最薄・最軽量ながら充実スペックの新DynaBook SS

 新しいDynaBook SS S4/275PNHWは,12.1型の低温ポリシリコンTFT液晶を備えながら,約1.19キロという軽さを実現した。厚みも最薄部で14.9ミリ,最厚部で19.1ミリとちょっとした雑誌程度の厚みしかない(詳細レビューはこちら)。


 軽量かつ薄型だが,「パフォーマンスには妥協しない」(東芝)のが特徴。CPUに最新チップとなる超低電圧版モバイルPentiumIII/750MHz-Mを採用し,メモリも標準で256Mバイトを搭載する。

 薄型を実現するために,最新のパーツが惜しみなく投入されている。20GバイトのHDDは新開発の1.8インチのものを採用し(1月16日の記事参照),バッテリーにはリチウムイオンポリマーバッテリーを搭載している。

 ネットワーク機能も充実しており,100BASE-TのLANのほか,IEEE802.11bの無線LANを内蔵。世界58カ国対応のモデムも備える。またPCカードスロットこそ1基のみだが,SDカードスロットが搭載された。

 主な仕様は以下の通り。

モデルDynaBook SS S4/275PNHW
CPU超低電圧版モバイルPentiumIII/750MHz-M
チップセットTrident Cyber ALADDiN-T+ ALi M1535B
メモリ256Mバイト(最大512Mバイト)
ディスプレイ12.1型低温ポリシリコンTFT液晶・XGA(1024×768ピクセル)表示
HDD20Gバイト
インタフェースアナログRGB,USB×2,マイク入力,赤外線ポート,SDカードスロット
PCカードTypeII×1
LAN100BASE-T,IEEE802.11bの無線LAN
連続駆動時間約2〜2.8時間(大容量バッテリー装着時は6.5〜8時間)
サイズ289(幅)×229(奥行き)×14.9(高さ)ミリ
重さ約1.19キロ
OSWindows XP Home Edition
店頭予想価格22万円前後
発売予定日2月上旬

無線LAN+ワイヤレスマウスを備えたDynaBook V

 A4サイズのオールインワンノートである「DynaBook V4/493PMHW」は,重さ2.4キロというスリムなボディの中に無線LANやPentiumIII/933MHz-Mといった最新スペックを詰め込んだマシンだ。


 東芝製マシンとして初めて,タッチパッド下部にジョグホイールを搭載し,さらに受信部を本体に内蔵したワイヤレスマウスを同梱する。ワイヤレスマウスは通常の環境で50センチ以内の動作が可能。単4電池2本で約6カ月間動作する。

 通常のLANのほかにIEEE802.11b準拠の無線LANも内蔵している。常時つないでいるモデムやLANなどのインタフェースは背面に,USBなど抜き差しすることの多いインタフェースは側面に配置されている。またSDカードスロットも備えている。

 主な仕様は以下の通り。

モデルDynaBook V4/493PMHW
CPUモバイルPentiumIII/933MHz-M
チップセットTrident Cyber ALADDiN-T+ ALi M1535B
メモリ256Mバイト(最大512Mバイト)
ディスプレイ14.1型TFT液晶・XGA(1024×768ピクセル)表示
HDD20Gバイト
ドライブCD-ROM,CD-R/RW(バッファアンダーランエラー防止機能付き),DVD-ROMコンボドライブ
FDDUSB接続のものが同梱
インタフェースアナログRGB,USB×3,マイク入力,ヘッドフォン&光デジタルオーディオ出力,ビデオ出力,IEEE1394,SDカードスロット
PCカードTypeII×1
LAN100BASE-T,IEEE802.11bの無線LAN
連続駆動時間約3.0時間
サイズ314(幅)×279.5(奥行き)×25.4(高さ)ミリ
重さ約2.4キロ
OSWindows XP Home Edition
店頭予想価格24万円前後
発売予定日2月上旬

メモリ512Mバイトを搭載したハイエンドマルチメディアノートDynaBook G

 DynaBook GはPentiumIII/1GhzのCPUと,標準で512Mバイトのメモリを搭載したハイエンドノート。グラフィックスチップとしてnVIDIAのGeForce2 GOを搭載し,harman/Kardonと共同開発したサブウーハ付きステレオスピーカを内蔵するなど,マルチメディア機能にこだわりをもっている。


 SDカードスロットのほかスマートメディアカードのスロットも備えている。またOffice XP Personalもプリインストールされている。主な仕様は以下の通り。

モデルDynaBook G4/510PME
CPUモバイルPentiumIII/1GHz
チップセットIntel 815EP
メモリ512Mバイト(最大512Mバイト)
ディスプレイ15型TFT液晶・XGA(1024×768ピクセル)表示
HDD40Gバイト
ドライブCD-ROM,CD-R/RW(バッファアンダーランエラー防止機能付き),DVD-ROMコンボドライブ
FDDUSB接続のものが同梱
インタフェースアナログRGB,USB×3,マイク入力,ヘッドフォン&光デジタルオーディオ出力,ビデオ出力,赤外線ポート,IEEE1394,SDカードスロット,スマートメディアカード
PCカードTypeII×2
LAN100BASE-T
連続駆動時間約2.1時間
サイズ330(幅)×273(奥行き)×35.9(高さ)ミリ
重さ約3.1キロ
OSWindows XP Home Edition
店頭予想価格25万円前後
発売予定日2月上旬

関連記事
▼ 超薄型軽量,新DynaBook SS速攻インプレッション
▼ 東芝,A4スタンダードノート「DynaBook T4」を発売
▼ 東芝,1.8インチ20GバイトHDDを商品化

関連リンク
▼ 東芝

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!