Mobile:NEWS 2002年5月10日 00:05 AM 更新

効果を発揮した新迷惑メール対策。しかし新たな火種も……

最近、iモードに迷惑メールがほとんど届かなくなっている。強化された「ドメイン指定受信」が、有効に作用しているためだ。副次的に、ドメインを詐称した迷惑メールも防げるようになったが、最近EZwebドメインからの迷惑メールが届くという話も……

 4月中旬に開始されたiモードの新迷惑メール対策は、より着実に迷惑メールの遮断を実現し、その効果も確実に上がっている。現時点ではベターといえるiモードの迷惑メール対策だが、新たな不安の声も上がっているようだ。

根本的な対策が施されたiモードの新迷惑メール対策

 最もユーザー数が多く、それゆえに迷惑メールのターゲットになりやすいiモード。オリジナルメールアドレスへの対応やドメイン単位での受信許可/拒否といった対策を追加していたが(3月4日の記事参照)、焼け石に水となっていたのが実情だった。

 4月中旬に開始された新しい迷惑メール対策は、これまでの中で最も抜本的なものだ(3月29日の記事参照)。ドメイン指定受信を設定すると、携帯電話/PHSからのEメールだけは自動的に受信可能となり、その上で、指定したドメインからのEメールだけを受信可能にする。

 この新しいドメイン指定受信が有効なのは、iモードなどのケータイEメールのドメインを騙った偽装メールを拒否できる点だ。

 実際、新しいドメイン指定受信の効果は大きい。筆者は2台のiモード端末を所持している。ドメイン指定受信でezweb.ne.jp(EZweb@mail)のみを受信許可していたこともあったが、送信元のドメインをezweb.ne.jpに偽装した迷惑メールが1日数通は届いていた。

 しかし4月16日以降、少なくともこの原稿を書いている段階では2台のiモード端末には1通の迷惑メールも届いていない。

 内部的な処理は公開されていないが、ケータイキャリア各社のEメールサーバとピアリング(一般にISP間、この場合ケータイキャリア各社間の直接接続)の上で、直接届いたEメールだけを受信しているか、送信元になるメールサーバを特定してしまっているのだろう。この方法を使うことで、単に送信元(From:)を各社ケータイのドメインに偽装したメールを拒否できる。

選択肢内容
メール指定拒否指定するアドレスからのメールを拒否する
メール指定受信指定するアドレスからのメールを受信する
ドメイン指定受信iモード、他携帯電話、PHSからのメールと指定するドメインからのメールを受信する

現在、iモード(FOMAを除く)で設定可能な、指定受信/拒否設定

 しばらくドメイン指定受信をしたあとで、実験的に1台の端末では丸1日間(5月6日〜5月7日)、すべてのメールを受信するように変更してみたが、1通の迷惑メールも届かなかった。4月16日以降は、ドメイン指定受信を設定した場合、ケータイキャリア間以外のメールをすべて拒否してしまうので、名簿を使って迷惑メールを送信していた業者が名簿から外してしまったのだろう。もちろん筆者の場合、姓名共に割と珍しいので、偶然なのかもしれないが。

 ただし注意が必要な点もある。新しいドメイン指定受信機能を利用すると、一部のメール転送サービスがうまく利用できなくなる。例えばJ-フォンの写メール端末からiモードへ画像付きメールを送信するようなサービスがそうだ。これらのサービスでは送信元アドレスを変えることなく、メールサーバで中継する形を取ることが多いからだ。こういった点も理解した上で、新しいドメイン指定受信機能は利用する必要があるだろう。

新迷惑メール対策でも対応できない迷惑メール

 絶大な効果を発揮した迷惑メール対策だが、新たな問題も生じている。インターネット上の掲示板などで話題になっているのは、ezweb.ne.jpのドメインから迷惑メールが届くということだ。しかし、実はこれはドメインの偽装ではない可能性が高い。

 auのEメールサービスでは、PCからの(正確にはPOP3、SMTP、IMAP4プロトコルなどを利用して)Eメールの送受信を可能にしている。ISPとしてau.netを利用するという制限はあるが、cc:、bcc:を利用して比較的容易に大量の同報メールを送信できる。

 これらの方法で送信されたメールは、ケータイから送信された場合と原則的には見分けがつかない(メールのヘッダを厳密に解析すれば不可能ではないが)。少なくとも送信元となるメールサーバは同じだから、ピアリングを利用した送信元の限定や送信元メールサーバの制限では、PCからのメールだけを拒否することは難しい。

 つまり送信元がezweb.ne.jpの迷惑メールは、実際にauのメールサーバから発信されている可能性が高く、ドコモの新しいドメイン指定受信機能でも拒否できないのだ。

 さらに困ったことに、auではパケットパックというデータ通信向けの大型割引サービスがあり、Eメールの送信だけなら極めて低コストでPCからメールの送受信ができてしまう。

 auのEメールサービスがPCからのメール送受信をサポートしているのは、高機能なEメール機能をより便利にユーザーに利用してもらうためだ。しかし迷惑メールの温床となるようでは、PCからアクセスできるEメールサービスの機能を制限するか、サービス自体の提供を止めざるを得ない可能性もある。

 なおDDIポケットもau同様、ISPにPRINを利用することでPCでのEメール送受信をサポートしている。しかしこちらは端末からのEメール送信とは異なる扱いとなるようで、ドメイン受信機能を設定したiモード端末にはメールを拒否されてしまった。

 ユーザーの利便性を考慮したはずのサービスが迷惑メール発信の温床になってしまう。もちろん憎むべきは迷惑メール業者、ということになるのだが……。

そしてケータイキャリア各社に望むこと

 ドコモの新しいドメイン指定受信のような迷惑メール対策はauのEZwebmultiでも開始されているし(2月26日の記事参照)、今後主流になるであろう。問題はその運用だ。簡単で確実に迷惑メール対策が可能になるつつあるとはいえ、現在ではあらゆる層の人がケータイでEメールを利用する。我々が“簡単だ”という迷惑メール対策の設定も、容易にはできないケータイ利用者もますます増えていくはずだ。

 やはり端末の初期設定でEメール受信はケータイキャリア間に限定しておき、ユーザーの責任でより広範囲にEメール受信を可能にする、といった運用が必要ではないだろうか。これは販売店レベルの対応で可能であり、今すぐにでも実現可能なはずだ。機能的には有効な迷惑メール対策が本当に有効に利用されるかどうかは、キャリアの姿勢次第だ。

 特に圧倒的なブランド力でシェアを維持、拡大し続けるドコモ。「迷惑メールがなくなるその日まで、ドコモは全力を注いでいきます」というスローガンを守るためにも、その運用に期待したい。なにせ迷惑メールでコスト的な実害をもっとも大きく受けてしまうのはiモードユーザーなのだから……。



関連記事
▼ ドコモ、“なりすまし迷惑メール”に新対策──携帯メール間の受信を設定可能に
「携帯間のメールのみ受信する」ドメイン指定受信機能が変更され、こんな設定が可能になる。もう友人の携帯のドメインをいちいち指定する必要はなくなるわけだ。

▼ 迷惑メール関連記事
2001年、携帯電話に届く迷惑メールが社会問題となった。付随してメールの遅延も起こった。各キャリアはさまざまな対策を行い、法整備も進められているが、いまだに問題は解決していない。

[坪山博貴, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!