Mobile:NEWS 2002年5月15日 07:25 PM 更新

J-フォン、スーパーメール受信通知有料化を9月に延期


 J-フォンは、同社が3月1日より開始したパケット通信サービスで提供している「スーパーメール」受信通知の有料化を延期、9月1日から課金を開始すると発表した。当初は6月1日から課金開始予定であったため、3カ月課金が延期されたことになる。

 今回の有料化延期についてJ-フォンは、「受信通知サービスが好評であるため、無料で利用できる期間を延長した」と話している。

 スーパーメールは、写メールや、ムービー写メールなど、最大12Kバイト(6000文字相当)のメッセージの送受信を行えるメールサービスで、1パケット(128バイト)あたり0.3円のパケット通信料で利用できる。スーパーメールを受信すると、サーバメールボックスから全角192文字相当までの受信通知が届く。この通知は本来有料となっているが8月31日まで無料での利用が可能になる。

関連記事
▼ 「J-SH51」の魅力に迫る(2)──転送も可能になったスーパーメール
▼ J-フォン、3月1日からパケット開始──“ムービー写メール”が可能に
▼ J-SH51リンクリスト

関連リンク
▼ J-フォン
▼ ニュースリリース

[後藤祥子, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!