Mobile:NEWS 2002年6月3日 03:53 PM 更新

KDDI、仲間の状況を確認できるコミュニケーションツールを提供

KDDIは、通信キャリアの枠を越えたコミュニケーションツール「Team Factory」を6月6日より提供する。仲間同士の状況確認をはじめ、写真やスケジュールなどの情報共有が可能だ

 KDDIおよび沖縄セルラーは、au携帯電話のインターネット接続サービス「EZweb」を利用したグループコミュニケーションツール「Team Factory」サービスを6月6日より提供する。同サービスは、バンダイネットワークスとの協業により実現したという。情報料は無料。

 「Team Factory」は、通信キャリアの枠を越えて利用できるグループコミュニケーションツール。ユーザーは、グループ内でのコミュニケーション、GPSを利用した位置情報の共有、事業者の枠を越えた画像の共有を行える。

 auの3XXX/5XXX系端末の利用者は、アプリ版の「Team Factory」の利用が可能。アプリ版Team Factoryは一定時間での自動更新が可能で、メンバーの状況確認や一斉同報メールの送信などをグラフィカルなインタフェースから行える。

 Team Factoryの主なサービスは以下の通り。

  • auユーザーを中心に、他社携帯電話ユーザーを含めた仲間同士でのグループ構成が可能

  • グループ内メンバーの状況や気分、行動を1画面で確認

  • メンバー全員へのメッセージ一斉送信

  • GPS機能を利用した、メンバーの現在地のリアルタイムな確認

  • 写真データの共有化

  • メンバー同士での掲示板機能やスケジュール機能による情報の共有


サービスのイメージ図

 Team Factoryは、EZwebサービス加入のauユーザーがリーダーとなり、グループを作成する。グループの作成は「EZwebトップメニュー」-「What's New」-「Team Factory」から行える。

グループを構成可能なメンバーは、auユーザーでEZwebサービス加入者、NTTドコモグループユーザーでiモードサービス加入者、JフォングループユーザーでJ-スカイサービス加入者、ツーカーグループユーザーでEZwebサービス加入者。1グループで、リーダーを含む最大10人までの仲間を登録できる。

 なお、GPS機能を利用して位置情報を提供できるのはauユーザーでC3XXXシリーズ、C5XXXシリーズ、A3XXXシリーズを利用しているユーザーのみ。位置情報の閲覧はEZwebユーザー(ツーカーグループ含む)、iモードユーザー(一部を除く)であれば地図までの表示が可能。

 写真データの閲覧に対応するのはWeb閲覧が可能な通信キャリア各社の端末、写真データ登録に対応するのは、画像のメール添付に対応した通信キャリア各社の端末。一部利用できない端末については、同社Webにてアナウンスされる。

 KDDIはターゲット層を、携帯ユーザーの中核となる20代〜30代前半層、メール利用頻度の高い学生層とし、GPSケータイの新しい利用シーンや、画像を使った新しいコミュニケーションを市場に提案するとしている。

関連リンク
▼ ニュースリリース
▼ サービスの詳細
▼ KDDI

[後藤祥子, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!