Mobile:NEWS 2002年6月12日 07:55 PM 更新

エプソン、屋内でも単独測位可能なGPS技術を開発


 セイコーエプソンは6月12日、屋内でも単独測位可能なGPS技術を開発したと発表した。世界最高水準の高速・高感度測位を実現しているという。今秋にも、PDAなどに組み込むモジュールや位置検索端末の商品化を図る。

 GPS衛星の微弱な電波を受信できるようにし、従来の限界を超える高感度測位を可能にしたという。屋内やビルの谷間でも測位できる-155ディービーエム(dBm)以上の高感度を実現した上、屋外で2〜3秒/屋内10秒以内(ホットスタート時)と高速測位が可能になっている。精度も屋外約1〜3メートル/屋内約5〜30メートルと高い。

 高感度GPS技術の実用化で、場所や環境などの制約が少なくなり、セキュリティ分野などで用途が広がると見ている。今秋にも組み込み用GPSモジュールの量産を始めるほか、NTTドコモのパケット通信サービス「DoPa」対応通信モジュールを搭載した第3者位置検索端末を開発、今秋からOEM向け量産出荷を始める計画だ。

関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!