Mobile:NEWS 2002年6月17日 08:42 PM 更新

メモリダイヤル編集ソフト「P携線Ver.4」に、auの3G携帯対応版が登場


 TDKは、携帯電話メモリダイヤル編集ソフト「P携線Ver.4 cdmaOne 機能拡張」を6月20日に発売する。


 2001年11月に発売した「P携線Ver.4」(11月19日の記事参照)のauの第3世代携帯電話(A1000、A3000シリーズ)対応版。

 PCのキーボードを携帯のキーボードの代わりに利用できる「iBOARD」機能のcdmaOne版「イージーパレットエミュレータ」機能を搭載。また電話帳データをPCにバックアップできる電話帳保存・編集機能や、PCで待受画面を編集できる画像編集機能などを備えた。

 KDDIの「ezmovie作成ソフトLite」が付属。PC上の動画をezmovieに変換できる。作成した動画は、同梱されるUSBケーブル経由で端末に送信できる。

 cdmaOne用(7800円)、feelH"/cdmaOne用ダブルパック(9800円)、cdmaOne/ドコモPHS用ダブルパック(9800円)の3種類を用意した。対応OSは、Windows 98/Me/2000/XP。

関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!