Mobile:NEWS 2002年6月26日 06:32 PM 更新

キャッツ、モバイル機器向けGUI設計ツールβ版を出荷開始


 キャッツは6月26日、モバイル機器向けGUI画面設計ツール「Drawrial Version 1.0」β版の出荷を始めた。価格は最小構成(5ライセンス)で300万円。

 携帯電話やPDA、カーナビなどモバイル機器で使用するGUIの設計を支援するツール。ボタン操作などのシナリオに基づいた画面の移動状況を示す「画面遷移図」作成を効率化。設計部品を共通化できる上、情報を一元管理できるため、グループ開発も行える。

 DTPソフトなどを使った設計手法に比べ開発期間を短縮でき、テスト採用された開発現場では期間を3〜5割、要員を7割削減できたという。製品は同日開幕した「組み込みシステム開発技術展」(ESEC、東京ビッグサイト)で展示する。

関連リンク
▼ キャッツ

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!