Mobile:NEWS 2002年9月27日 08:37 PM 更新

Nokiaの3G端末は日本では?

Nokia初の3G端末「6650」は、GSMとW-CDMAのデュアル端末。連続待受時間も「最大14日」をうたっている。W-CDMAの仕様としては、J-フォンが採用を予定しているものと同じ、最新のものとなっている

 NokiaがW-CDMAとGSMのデュアル端末「Nokia 6650」を発表した。カラー液晶を備えカメラを内蔵する。W-CDMAの仕様は、「Juneバージョン」と呼ばれる最新のもの。一世代前のバージョンを採用したFOMAとは互換性がなく、12月に本サービスを開始するJ-フォンと同じ仕様となっている。

 ノキア・ジャパンによると、この6650を採用するキャリアは未定だ。

 日本で先行したW-CDMAは、バッテリーのもちが課題といわれているが、6650は欧州向けの900/1800MHz帯のGSMとW-CDMAに対応しながら、最大14日間の待ち受け時間をうたっている。もっとも最大14日間(336時間)という数字は「理想的な環境での待受時間」(ノキア・ジャパン)。カラー液晶を備えた現行のGSM端末は150-300時間程度の待受時間であり、6650の実際の待受時間は多少短くなるもよう。



関連記事
▼ Nokiaが初の3G対応ケータイ発表、欧州3Gの起爆剤には……
Nokiaが現行の2Gネットワークと3Gに対応した携帯電話を発表。欧州では3G立ち上げが遅れているが、同社はこの新製品が現状を打破するようなものではないとしている(ロイター)

▼ 次世代携帯電話サービス導入を延期するJ-フォンの思惑
J-フォンがW-CDMA方式携帯電話の導入を半年延期すると発表した。だがJ-フォンは「機会損失はない」と楽観的な見方。

▼ J-フォン、第3世代携帯の本格サービスを12月に延期
J-フォンが3G本格サービスを半年延期する。当初予定の6月からは試験サービスを始め、12月に全国主要都市で一斉に本格サービスを始める計画だ

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!