Mobile:NEWS 2002年11月19日 10:37 AM 更新

MS、DellとHPの新PocketPCを紹介

MicrosoftはCOMDEXでの発表に先立ち、DellとHPの新しいPocketPCを紹介した

 COMDEX/Fallでの発表に先立ち、MicrosoftはDell ComputerとHewlett-Packardの新しいPocketPCに関して簡単な紹介を行った。DellはCOMDEX/Fall初日に行う発表会、HPも出展ブースにおいて詳細なアナウンスを行う。


低価格を実現した2つのPocketPC

 Dellの「Axim X5」は以前から噂されたとおり、XScale搭載で最低価格が199ドルと画期的に安い。デザインは無骨でサイズも大きいが、カラー液晶パネル搭載で300MHzの高速プロセッサと32Mバイトメモリを搭載したPocketPCが200ドルを切るというのは驚異的だ(249ドルの価格に50ドルのメールインリベート付き)。

 拡張用としてコンパクトフラッシュTYPE IIとSDカードのスロットを持つDellの製品はすでに米国での販売を開始している(DellのAxim X5紹介ページ)。100ドルアップで400MHzプロセッサ、64Mバイトメモリのモデルも選択できる。

 一方、HPの製品は従来と同じPocketPC 2002ながら、より薄く、軽量な「iPAQ h1910」と、無線LANとBluetoothを両方内蔵した「iPAQ h5450」。前者は299ドル、後者は699ドルで販売される。

 h1910は薄型きょう体に200MHzのXScaleプロセッサ、SDスロットが搭載される。ただし、従来のiPAQ用ジャケットオプションは利用できない。幅は69.8ミリ、厚みは12.8ミリと手に持ちやすく、重量も120グラムと携帯電話に近い軽さ。それでいて内蔵メモリは64Mバイトを搭載している。ただしバッテリ持続時間は4時間と短い。

 h5450は既存製品の強化版で、従来と同じきょう体を採用。重さも206グラムあるが、その代わりに802.11b無線LANとBluetooth、SDスロットを内蔵。プロセッサもXScaleの400MHzと高速だ。さらに指紋認証機能が搭載されており、他人がPocketPC内の情報にアクセスできないようにロックをかけることが可能だ。アプリケーション次第で、ネットワークへの自動ログインなどにも利用できる。きょう体の外形が従来機と共通のため、既存のiPAQ用ジャケットも利用できる。


2つのワイヤレス機能と指紋認証機能を内蔵するハイエンドのIPAQ

 中でもh1910は手に取ってみると、驚くほどコンパクトで、従来のPocketPCのイメージを覆すインパクトがある。将来、このサイズに通信機能が入ってくれば、PocketPCは大きな転機を迎えることができるだろう。

 また英国の携帯電話オペレータ、Orangeが、Windows CEベースのSmartPhoneを170ポンドで販売開始しているという。6月のTechXNYで紹介されたPocketPCベースの製品とは異なりコンパクトな端末で、数少ないキーで動作する。グラフィカルなユーザーインターフェイスを持つリッチなアプリケーションも動作可能で、もちろんPocketPCと似た電子メールやコンタクトリストなどの情報も扱うことができる。


Orangeが採用したWindows CEベースのスマートフォンSPV


SPVで利用できるアプリケーション一覧。PocketPCで利用できる基本アプリケーションはすべて利用可能


SPVに内蔵されるSDカードの写真ビューア。サムネイル表示も高速でなかなか使いやすい

関連記事
▼ PDA市場に一波乱、Dell初のPDA

[本田雅一, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!