Mobile:NEWS 2002年12月3日 11:42 AM 更新

サン電子、FOMA対応のCFカード型マルチファンクション通信カードを発売

サン電子は2003年1月上旬よりNTTドコモのFOMAなどW-CDMA端末に対応したCFカード型マルチファンクション通信カードを発売する

 サン電子は12月3日、NTTドコモのFOMAなどW-CDMA端末に対応したCFカード型マルチファンクション通信カードを2003年1月上旬より発売すると発表した。価格はオープンプライス。FOMAの利用では、64Kbps回線交換、384Kbpsパケット通信のいずれにも対応している。


 製品にはPCカード変換アダプタが付属、PCカードインターフェースを持ったノートPCでの利用も可能だ。オプションとして携帯電話接続ケーブルおよびPHS接続ケーブルが用意され、NTTドコモやアステルPHS、DoPa、PDCでの通信にも使える。また、特定用途向けICを採用することで、低消費電力、受信パフォーマンスの改善が図られ、FOMAを使って通信した場合の消費電力は200mW以下に抑えられているという。


 対応機種は、Windows 98/Me/2000/XP、Windows CE/PocketPCなど。

製品名i-Card typeF1
型式CS64CF
適応端末FOMAネットワーク(NTTドコモ FOMA)PHS電話回線(NTTドコモ/アステル)移動電話回線(デジタル方式)
制御コマンドHayes ATコマンド準拠
通信方式W-CDMAPPPoverUD(非制限デジタル)、パケット通信
PHSRCR STD-28 (PIAFS1.0/2.0)
DoPaRCR STD-27
PDCRCR STD-27
通信速度W-CDMA64K回線交換:64Kbpsパケット通信:送信最大64Kbps/受信最大384Kbps
PHS64Kbps/32Kbps
DoPa28800bps/9600bps
PDC9600bps
DTEインターフェースCFA CF+規格準拠
移動局インタフェースW-CDMAUSBホストインタフェース
PHS/PDC16芯コネクタ
端末通信速度115200/57600/38400/19200/9600bps
使用電源DC3.3V(端末より供給)
消費電力最大200mW(FOMAの消費電力を除く)
外形寸法本体:36.4×42.8×5.0ミリ(ケーブル長:300ミリ)
重量約15グラム(ケーブル、PCカードアダプタを除く)
環境条件温度5〜40℃ 湿度20〜80%(但し結露なきこと)

 製品には「i-Card typeF1」本体のほか、FOMA用接続ケーブル、PCカード変換アダプタ、PCカード変換アダプタ、Windows XP/2000/98/Me用設定マニュアルが付属する。

 12月3日時点での動作確認機種は、NTTドコモ「N2001」「N2002」「P2002」「T2101V」。確認機種は順次同社Webにて公開される予定。

関連リンク
▼ サン電子

[後藤祥子, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!