Mobile:NEWS 2002年12月6日 09:10 PM 更新

“携帯のOS”に狙い定めるMicrosoft

携帯の世界でも“標準OS”が必要な時期にきている。Microsoftは、「Smartphone」と「Pocket PC Phone Edition」を武器に、携帯電話OSでもスタンダードを目指す

 “Windows”というブランドと、全世界で600万人を超えるといわれる開発者の数を武器に、Microsoftが携帯OSでもデファクトスタンダードを目指そうとしている。米Microsoftのモバイルデバイス部門のディレクターであるDerek Brown氏が来日し、携帯電話向けOSについて話を聞くことができた。

「Smartphone」と「Pocket PC Phone Edition」の違い

 Microsoftの携帯電話向けOSには、大きく分けて2つの種類がある。英Orangeが採用した「Smartphone 2002」(用語)と、米T-Mobile USAが採用した「Pocket PC Phone Edition」(用語)だ。

 どちらも“MSの携帯電話”ではあるが、2つの違いは単純だ。「Smartphone」のほうは、「まず携帯電話としていいものを。その上でデータも扱えるデバイス」(Brown氏)という位置づけ。反対に「Pocket PC Phone Edition」は「まず第1にデータのデバイス。その上で、電話もできる」(Brown氏)ものになる。

 Smartphoneにはタッチスクリーンは備えられておらず、操作も片手で行うことが前提。Pocket PC Phone Edition(Phone Edition)では、Pocket PCと同じくタッチスクリーンを備え両手で使うことになる。簡単に言ってしまえば、携帯電話にWindows CEを入れ込んだのがSmartphone、Pocket PCに電話機能を付けたのがPhone Editionとなる。


 2つのOSは、どちらもWindows CEをベースとしており、「コアOSは同じ。コードも80%が同じ。ユーザーインタフェースと入力方式が異なるだけ」(Brown氏)。開発チームも分かれていないという。

 とはいえ、Brown氏は「今後この2つが1つに統合されることはないと思う」と話す。PDAと携帯電話の機能的な境界線がなくなりつつあるが、液晶サイズや筐体のフォームファクターは、用途に応じて違ってくるという考えだ。


Smartphoneの待ち受け画面(左)、メニュー(中)、予定表(右)


NTTドコモの「P504iS」「A5101T」と並べてみた

いずれは必要になる、携帯向け汎用OS

 Smartphoneは既に英国、フランス、デンマーク、オランダ、スイスなどで販売されており、「非常にリアクションはいい。店頭では出荷待ちの状態になっている」(Brown氏)。Phone Editionのほうも、米AT&T Wireless、T-Mobile、O2などで利用でき「世界中の大手キャリアが1年以内に次々出してくると思っていい」(Brown氏)という状況だ。

 各社がMicrosoftのOSを採用する理由の1つは、加速度的に複雑になっていく携帯ソフトウェアにある。「高速なネットワークの導入で、ソフトがどんどん重くなってきている。アプリケーションを載せていくプラットフォームが求められている」(Brown氏)。

 これまでの携帯電話にもOSは載っていたが、ほとんどが独自のもの。ソフト開発が難しくなっていく中で、プラットフォームを統一し、開発効率を上げようという動きが進んでいる。Brown氏は「(Windows OSの搭載で)ソフトウェアの開発費が10分の1になるということもあり得る」と話す。

 もちろん、携帯向けの汎用OSはMicrosoft製品だけではない。携帯大手各社が出資する英Symbianの「Symbian OS」が最大のライバルとなるだろう。Symbian OSは既にNokiaなどの多数の携帯電話に搭載されている。

 Brown氏は「モバイルとインターネットが近づきつつある。Microsoftはモバイル(PDA)で経験を積んできた」と、今後携帯電話の情報端末化が進む中で有利な点を強調する。「プラットフォームを囲うエコシステムも重要な点だ。(MicrosoftのOSならば)Windowsの開発者もPDAや電話にアプリケーションを作れる。600万人の開発者がソフト開発に当たれるのが大きなポイント」(Brown氏)。

 なお、日本でのSmartphoneやPhone Editionの展開については、「日本の市場について言えば、3G(がターゲット)になる。何年か先には、(キャリアやメーカーに)提案しやすい環境になるだろう」。



関連記事
▼ MSの携帯電話市場参入はホンモノだ
「Microsoftの製品は絶対買わない」と心に決めていた人は、Smartphoneと他の端末を見比べて落胆することだろう

▼ 初のMS Smartphone 2002端末、まずは欧州でデビュー
MicrosoftのスマートフォンOS採用で、キャリアとして初名乗りを上げたのは米Cingularだが、対応端末の米国デビューは今年後半。これに対して英・仏などでは対応端末が2〜3カ月以内に出る。キャリア発表も時間の問題。

▼ サムスン、Smartphone 2002搭載携帯を展示──ケータイ国際フォーラム
サムスンブースでは「Stinger GPRS」やPalm OS対応端末などを多数展示。京都の地域に根ざした企業の技術も魅力的なものが見受けられた。

▼ MS、Pocket PC Phone Edition搭載デバイス「Thera」を発表
MicrosoftがPocket PC 2002 Phone Editionベースのデバイス「Thera」を発表。VerizonやSprintが販売にあたる。またMicrosoftはVoiceStreamとも、Pocket PCデバイス/サービスの販売で提携した。

▼ MSの携帯電話、その出来栄えは……
米国で初登場のT-Mobileの「Pocket PC Phone」は、PDAに携帯電話をうまく統合している。だが難点は、やはり「Pocket PCであること」か

▼ 「Microsoftの携帯電話」がいよいよ登場へ
MicrosoftはTechXNYで、VocieStreamがPocketPC 2002の携帯電話向けバージョン「PocketPC 2002 Phone Edition」採用端末を発売することを明らかにした。デモ展示されていた同製品の試用も含めて、その概要を紹介しよう

▼ 3Gに対応、大幅強化されたSymbian OS 7.0
新バージョンは次世代の携帯電話網/サービスにはっきりと焦点を絞っている。2002年はSymbianのターニングポイントだ。

▼ 重要なのはオープンな規格と相互運用性〜Nokiaのモバイル戦略
「モバイルマーケットの成長は、マルチメディアメッセージングにかかっている。どの国でもシームレスに利用できる環境作りが必要」。Nokiaの上席副社長Mikko Terho氏はそう言って、オープンスタンダード推進と相互運用性を保証する枠組み作りの重要性を説く

▼ モバイルスタンダード対応の“温度差”
Javaやマルチメディアメール、Webなどが世界的に普及するにあたり、端末メーカーなどからはサービスの標準化が求められている。しかし、推進役の一翼を担う通信キャリアの本音は、“自社のサービスプラットフォームをデファクトスタンダードに”することなのかもしれない


関連リンク
▼ マイクロソフト

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!