Mobile:NEWS 2002年12月11日 03:41 PM 更新

ドコモ、FOMA向けに「迷惑電話ストップサービス」機能を拡張

ドコモはFOMA端末に対し、通話の成立に関係なく、着信拒否の設定を行えるよう「迷惑電話ストップサービス」の機能を拡張した。PDC端末への対応は来春の予定

 NTTドコモは12月11日、FOMAユーザー向けに「迷惑電話ストップサービス」の機能を拡張した。12月13日より実施される。

 これまでは迷惑電話を受けた直後に登録する仕組みになっていたが、拡張されたサービスでは、通話の成立に関係なく、拒否の設定が可能になった。来春にはPDC端末にも対応する予定。

 設定は、携帯電話から「144」をダイヤルし、ガイダンスに従って「3」を入力後に着信拒否を設定したい任意の電話番号を登録する。

 拒否設定された番号のものが電話をかけると「こちらは○○○-△△△△-□□□□番です。この電話はお受けできません」というガイダンスが流れ、自動的に通話が終了される。

 拒否設定の解除は、携帯電話から「144」をダイヤルし、ガイダンスにしたがって「9」を入力する。この際には拒否設定した全ての番号が一括消去されるので注意が必要。

関連リンク
▼ ニュースリリース

[後藤祥子, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!