Mobile:NEWS 2003年1月20日 08:53 PM 更新

iショット閲覧制限〜画像対応出会い系サイトが遠因?

昨今の「出会い系サイト」では画像対応が盛んだ。多くのサイトでは自前のシステムを用意しているが、iショットサーバを利用して画像を表示させることもできる。iショットの閲覧制限にはそのあたりに要因があったようだ

 最近の出会い系サイトは、「写メール対応」「iショット対応」をうたったサイトが増えている。掲示板上で写真を見て相手を選べるシステムだ。関係者によると、「今や画像対応は必須」だと言う。

 今回、ドコモのiショットに閲覧回数制限がかけられた(1月20日の記事参照)のも、こうした掲示板などでiショットサーバが利用されるのが原因の1つになっているようだ。

 iショットサービスでは、ドコモのサーバからメールで送られたURLにアクセスすることで画像を表示する。このURLにはiモード端末であればアクセスできるため、掲示板にURLを貼り付けることで、不特定多数に画像を公開できてしまう。

 例えば、撮った写真をまず自分宛にiショットで送信し、届いたメールに記載されているURLをコピーする。このURLを、掲示板に掲載したり、メールに貼り付けて送信すれば、いろいろな人に画像を公開できる……。

 ドコモにとっては想定外だったかもしれないが、仕組みをちょっと考えればすぐに思いつく使い方だ。この方法を使うことで、画像表示機能を持たない掲示板でもiショット画像を掲載できるようになる。

わいせつ画像がドコモのサーバから……

 もちろんドコモの立場では問題も多い。1つは、URLがドコモのサーバであることだ。つまり、「掲示板に貼り付けてあったドコモのURLをクリックしたら、わいせつ画像が現れた」。──こんなことが起こる可能性がある。

 2つ目はサーバ負荷の問題。当初ドコモは1つのiショット画像へのアクセス数は数回程度、と見ていた可能性が高い。確かに1人のユーザーにメールで送られるだけなら、数十、数百のアクセスは起こらない。ところが掲示板にURLが貼られてしまうと、予想外のアクセスが発生する。そもそも、iショットはわずか半年で500万台を突破(1月14日の記事参照)。大ヒットしたiモードでもここまで普及のペースは早くない。予想以上の普及速度によって、サーバにも多大な負荷がかかっていることが推測される。

 もっとも現段階では、出会い系サイトの掲示板にiショットのURLが直接掲載されている例はほとんどない。iモードの一般サイトに詳しいデジタルストリートは、「画像を利用できる掲示板では、独自に添付メールを処理しているようだ」と言う。

 当初から想定できた使い方だけに、ドコモの対応が遅かった感もある。しかし「わいせつ画像などを不特定多数に閲覧させる可能性がある」というのは、アクセス制限の根拠に乏しい。画像を添付して送信できるKDDIやJ-フォンのシステムでは、こうした制限を行っていない。サーバを介して画像を閲覧させるシステムが抱える問題が、ユーザー数の爆発的増加によって露呈してきたとも言えるだろう。



関連記事
▼ ドコモの「iショット」、画像の閲覧回数を制限
ドコモは同社の静止画メールサービス「iショット」において、2月17日よりiショットセンターに保存されている画像の閲覧回数を制限する

▼ iショット端末が500万台突破
ドコモのカメラ付き携帯電話向けサービス「iショット」対応端末が500万台を突破した

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!