Mobile:NEWS 2003年3月17日 06:05 PM 更新

ソフィア・クレイドル、携帯Javaプログラム向け圧縮システムを発売


 ソフィア・クレイドルは、携帯電話向けJavaのプログラムサイズを圧縮できる「SophiaCompress V2.2」を発売した。価格はEnterprise版が100万円、Standard版が30万円。

 同製品を使用することにより、Javaプログラムを最大30%以上圧縮できる。本バージョンでは、ZIPツール「7-ZIP」をGUIから容易に利用可能。

 なお、同2.1の購入者で、保守契約を締結しているユーザーには無償、保守契約を締結していないユーザーには、製品価格の20%で提供される。

 今後同社では、NTTドコモ505i用iアプリや海外Javaアプリへの対応、クラス融合などの搭載による圧縮率の向上を図る予定。



関連記事
▼ 携帯向けJavaを圧縮する新技術
携帯Javaは普及したが、そのうちの1000万台程度は10Kバイトのサイズのプログラムしか動かない。開発に職人芸が要求される携帯Javaプログラミングを、より自由に行える“圧縮ソフト”が登場した

▼ ケータイJavaアプリ圧縮ツールの新版を発表

関連リンク
▼ ソフィア・クレイドル

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!