Mobile:NEWS 2003年3月18日 12:40 PM 更新

CeBIT
MotorolaのLinux携帯を見た

携帯電話向けOSとして、組み込み向けLinuxが勢力を伸ばしてきている。米Motorola製のLinux搭載端末「A760」をCeBIT会場で見ることができた

 携帯電話向けOS戦争の中で、組み込み向けLinuxが勢力を伸ばしている。米MotorolaはLinuxを搭載した携帯電話「A760」を発表しているが、CeBITで実機を見ることができた。実機が公開されるのは初めて。


残念ながら、写真撮影は断られてしまった

 A760はOSにMontaVista Softwareの組み込み向けLinuxを採用した携帯電話だ。タッチパネルの大型メインディスプレイを備え、通常のキーは備えていない。背面にはカメラを備えており動画撮影などが可能。MP3再生機能も持つ。

 起動時には、Linuxのペンギンのマークを見ることができる。起動には数十秒かかった。同社担当者はLinuxの採用の理由を「アジアなどでのコンシューマの要望により」と答え、コストなどの詳細には答えなかった。

 A760はGSM/GPRS対応で、アジア太平洋地域で2003年に発売を予定している。

 ハイエンド携帯向けのOSには、英Symbianの「Symbian OS」、米Microsoftの「Pocket PC」、Palmの「Palm OS」などがスタンダードを巡って競争を始めているが、ここにきて組み込みLinuxが大きく注目を浴びている。Motorolaはハイエンドだけでなく、ローエンド寄りの端末にもLinuxを採用していく意向。国内でもNECが携帯電話向けOSとしてLinuxの採用を予定している。



関連記事
▼ Motorola「携帯の過半数をLinuxベースに」
米Motorolaが2月13日、同社として初めてLinuxを採用した携帯電話「A760」を投入する計画を明らかにしたが(昨日の記事参照)、同社のパーソナルコミュニケーション部門幹部Scott Durschlag氏によると、A760に続いて、もっとローエンド寄りの携帯電話でも、Linuxを採用していく計画だという

▼ MotorolaのLinux携帯電話、重要なのは「Javaとのタッグ」
「興味があるのはLinuxとJavaの組み合わせ」――小型デバイス向けJavaを推進するMotorolaの幹部は、Linux携帯電話についてこう語る。同社の支持で、Linux-Javaの組み合わせに弾みがつきそうだ

▼ Linux携帯電話、NECなど数社が開発中
半導体メーカーTexas Instruments(TI)やNECなど複数の企業が、Linuxを搭載した携帯電話の開発を進めている。組み込み用LinuxのメーカーMontaVista SoftwareのマーケティングマネジャーScott Hedrick氏が1月10日明らかにし、TIとNECの関係者も同日、これを確認した

▼ [WSJ] Motorola、Linux携帯電話リリースへ
Motorolaが第3四半期にアジアで、LinuxとJavaを搭載した携帯電話を発売する

▼ 特集:CeBIT 2003
世界最大のIT関連展示会「CeBIT 2003」が、ドイツ・ハノーバーで開幕した。幕張メッセの6倍以上という広大な26の展示ホールに、世界69カ国から6526社が出展。会場はIT関連、通信/ネットワーク、ソフトウェア/サービスなどに分かれて、最新技術・製品を展示する


関連リンク
▼ Motorola プレスリリース

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!