Mobile:NEWS 2003年4月1日 03:46 PM 更新

ドコモの定額制「@FreeD」端末が発売

ついに始まったドコモの定額製サービス。パナソニック・モバイル・コミュニケーションズとシャープの対応端末2機種は、新規価格5800円と7800円だった

 NTTドコモのPHSを使った定額制データ通信サービス「@FreeD」が4月1日、サービス開始した。合わせて対応端末となるシャープ製の「P-in Free 1S」、パナソニック・モバイル・コミュニケーションズ製の「P-in Free 1P」が店頭に並んでいる。


左がパナソニック モバイルコミュニケーションズ製「P-in Free 1P」、右がシャープ製「P-in Free 1S」。いずれもCFカード型で、WindowsとWindows CEに対応

 都内量販店での新規価格は、「P-in Free 1S」が7800円、「P-in Free 1P」が5800円。シャープ製端末のほうが多機能な分、若干高めだ。

 都内ドコモショップでもP-in Free 1SとP-in Free 1Pで3000円ほどの差がついていた。また、関東甲信越地区のドコモでは、定額プラン契約のユーザーに限って新規3000円、機種変更2000円の事務手数料が無料になるキャンペーンを6月30日まで行っている。

 機種変更は、従来の手続きと若干異なる部分もある。ある都内量販店では「定額制と特殊な端末なので」とし新規の受付のみで機種変更は対応していなかった。またあるドコモショップでは、通常前機種の利用が10カ月を越えると優遇価格で機種変更が可能だが、定額プラン契約時に限って1カ月以上から優遇価格が適用されていた。

 @FreeDは、PHSを使ったデータ通信サービスで、CFカード型の端末をPCに接続して利用する。月額4880円で使い放題のデータ通信が可能となる。通信方式にはドーマント方式(用語)と呼ばれる、無通信時間に接続を休止する技術を使い、64Kまたは32Kで接続する。



関連記事
▼ ドコモ、4月から月額4880円のPHS定額制データ通信サービス
ドコモは4月1日から定額制PHSサービス「@FreeD」を提供する。ドーマント方式の64K/32Kbps回線交換で、シャープとパナソニック製の対応端末が用意される

▼ ドーマント方式【どーまんとほうしき】
ドコモが4月から開始するPHSの定額データ通信サービス「@FreeD」(アットフリード)。これに導入されたのがドーマント方式だ

▼ 特集:ドコモ定額制データ通信@FreeD対応 P-in Free 1Sの実力
4月から始まるNTTドコモのPHS定額制データ通信サービス「@FreeD」。通信方式に64/32Kbpsの回線交換を採用し、安定した速度で通信できるのが特徴だ。シャープの「P-in Free 1S」は、「@FreeD」の魅力を余すところなく引き出す工夫がこらされている

▼ 話題の「@FreeD」対応端末「P-in Free 1S」を速攻チェック――Part1
NTTドコモのPHS定額制データ通信サービス「@FreeD」。その最初の対応端末の1つ、シャープ製「P-in Free 1S」を入手できたので、早速その試用レポートをお届けしよう


関連リンク
▼ NTTドコモ

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!