Mobile:NEWS 2003年4月9日 03:58 AM 更新

データ通信から家電連携へ〜赤外線通信対応アプリ

「504i」では端末同士のデータ通信が主用途だった赤外線が、「505i」では家電との連携も可能な仕様に強化された。“携帯からビデオ予約”“携帯からカラオケ操作”。そんなiアプリが登場する

 505iシリーズでは、504i(iS)シリーズに続き赤外線ポートが標準装備。データ通信用のIrDAだけでなく、テレビやビデオで使われている赤外線通信もサポートした。

 それぞれの端末がテレビの操作が行えるiアプリをプリインストールするほか、各公式サイトも赤外線を活用したiアプリを提供する。

携帯からビデオの録画予約

 アイラテは、505iシリーズ標準搭載の赤外線通信機能を利用してテレビ番組の録画予約が行えるアプリ「アプリモコン」を配信する。

 アプリモコンでは、アイラテがiモード公式サイトとして提供中の「iテレビ/番組サーチ」からダウンロードしたテレビ番組情報を元に、VTR、DVDレコーダー、HDDレコーダーなどの録画機器に赤外線で予約情報を送信することができる。


 またアプリモコンはメール連動型iアプリでもある。自分のお気に入りのタレントが出る番組などを設定をしておくことで、その条件に合ったテレビ番組情報をメールで受信できる。また、そのメールから録画機器に予約を転送することができる。

 月額利用料金は200円。

全国16万台の通信カラオケ「DAM」が操作可能に

 第一興商は、同社の運営する着信メロディサイト「メロDAM」で、通信カラオケ曲予約アプリ「DAMりもこんアプリ」の505iシリーズ対応版をリリースする。

 従来の504iシリーズ対応版では、IrMC通信機能を使い、通信カラオケDAMに搭載された専用受光部と通信させることで曲予約を行うというものだった。

 505iシリーズ対応版では、通信カラオケDAMの専用リモコンで使用されている赤外線通信機能と互換性があるため、全国で稼働している約16万台の通信カラオケ「DAM」全端末での利用が可能となっている。また赤外線到達距離も大幅に伸びる予定としている。



関連記事
▼ 特集:ドコモの「505i」
NTTドコモが2003年春に発売する「505iシリーズ」は、さまざまな機能が盛り込まれたハイエンド端末だ。6機種すべてにQVGA液晶を標準fg搭載するほか、メガピクセルカメラを内蔵した端末も複数ラインアップされる

▼ ベールを脱いだ「505i」
メガピクセルカメラ搭載に限らず、505iでは数々の機能強化が行われた。端末内部との連携を強化した「iアプリDX」、ビデオの録画予約も行える赤外線機能、外部メモリの標準搭載……。505iの特徴を、iモード企画部長の夏野剛氏が語った

▼ 「505i」シリーズ、どの端末に何が搭載される?
ドコモの「505i」シリーズは6モデルが開発表明された。ここではどの端末にどんな機能が搭載されているのかを見ていこう


関連リンク
▼ アイラテ
▼ 第一興商

[吉岡 徹, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!