Mobile:NEWS 2003年4月9日 10:07 AM 更新

話題のモバイルビジネスのその後
紙媒体連動による新集客サービス「あじゃじゃ」

発表から数年。あの話題に上がった携帯電話を使ったビジネスモデルは、今どのようになっているのだろうか。第1回は、折り込み広告などと連動したモバイルマーケティングのASPサービスを提供する「まぐクリック」の今を見ていく

 携帯電話を使って、リアル店舗の集客や顧客の獲得を目的としたマーケティングサービスは現在、数え切れないほど出現している。その草分け的なサービスが、まぐクリックのモバイルマーケティングASPサービス「あじゃじゃ」である。

 今から約1年半前の平成13年11月より、小売業・流通業などをメインクライアントターゲットとして、サービスを始めた。サービス概要は大きく、(1)「インターネットスピードくじ」を入り口とした集客、(2)独自のメーリングサービスによる顧客の固定化(e-CRM)の2つの機能である。

 利用料金は1店舗、半年契約で月額3万5000円に、メール配信料金は1通5円のほか、年契約や一定規模のチェーン店数におけるサービス導入の際は、割引料金の適用がある。販売手法としては、折込ちらしやタウン誌の代理店を始め、流通業界に強いパイプを持つ企業などと提携し、まぐクリック自身がそれら企業を統括しながら、サービスを提供するというものであった。

個人事業主での需要が高い

 サービス開始からターゲットとしていた小売業・流通業では、衣料品店やゲームソフト販売ショップ、熱帯魚ショップ、エステ等での需要が高く、現在までに約40クライアントが「あじゃじゃ」を利用している。

 「主に、リアル店舗を持つ個人事業主での利用が高いです。サービス立ち上げ当初、興味を持たれたお客様から実際、効果はどうなのかというので、お試し頂きましたが確実に効果が出ています」と、事業本部の黒田規義マネージャーは話す。

 実際、某衣料品店では、通常折り込み広告の反応率が0.1%のところ、「あじゃじゃ」を使い、0.4%にアップした。そして、一気に4767人へモバイルクーポンを配送したところ、10%のモバイルクーポンの利用率があり、クーポン雑誌を凌ぐ利用率をあげた。

 また、某エステサロンでは、携帯電話での予約サービスを提示したところ、約1ヶ月で305人が料金表を確認。その内、予約フォーム記入者は28人おり、その中で15人が契約を行っている。

 だが、類似サービスが増えていく中、当初の売上見込みを伸ばしていくには、サービス立ち上げ時に描いていたビジネスモデルを大きく変えていく必要性が出てきた。

 「1年間、代理店の営業の元締めを行いましたが、代理店のマネージメントや営業活動に予想以上の時間と人的コストがかかりました。そこで、販売強化していくには自社ではなく、流通営業チャネルに特化し、体力のある企業が営業の窓口になったほうが良いということ。そして、まぐクリックとしては本来の事業ドメインである「広告配信事業」に注力し、『あじゃじゃ』のASPシステムの充実・強化に集中することにしたのです」と、黒田マネージャーは話す。

営業強化によるサービスの方向転換

 そこで、浮上したのがタイトーだった。既に「あじゃじゃ」の提携先企業であるタイトーは、自身も独自のモバイルサービスに既存の「集客系とメール配信系」のサービスで補完し合える企業を模索していた。ここで双方の意図が合致し、販売統括営業に踏み切る。現在「あじゃじゃ」のサービスをタイトーが販売する「モバイルDEツール」のサービスの1つに取り込み、家電量販店を中心に販売拡大を進めている。

 まぐクリックでは元々あるエンジンを使って、ちらしに置き換わるセールスプロモーションの商材として「あじゃじゃ」を立ち上げ、事業拡大を狙った。だが、セールスプロモーション分野でも試みなかった提案を認知・実施させていくことは、予想以上に難しい。

 「あじゃじゃ」のサービスに限らず、ITでの営業展開が未開拓や開拓中のパートナーとの提携の中では、サービスそのもののクオリティはもちろん重要だ。だが、パートナーの既存事業にどう組み込み、既存事業にとって、今後大きな営業拡大につながるサービスだという認知を現場の営業マンにいかに理解させ、動かすかの手法が販売即戦の鍵をにぎるのかもしれない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−⇒
キャンペーン告知空メール送信返信メール抽選当選通知メール来店
チラシ ○○○@ajaja.jp参加メールアドレスへ空メールへ送信URLをクリックするだけでスピードくじがひけるその場で結果が分かる商品、クーポン券のメールを保存来店し、お店で賞品を引き替え
チラシ広告で、「あじゃじゃ」の携帯電話を使ったキャンペーン。案内にアクセスすれば、その場でスピードくじに参加でき、クーポン券等に当選の場合は、そのメールを店舗で見せて、商品などと引き換える

著者プロフィール

沢 里映:フジサンケイグループ日本工業新聞にて、ITベンチャー社長取材による企業の様々なITビジネスモデルを連載。他、小学館「DIME」、リクルート「アントレ」他でコンシューマ向けITサービスなどの記事も執筆



関連記事
▼ タイトーとTIS、7月より携帯を利用した販売促進サービスを開始
タイトーとTISは3月27日、携帯電話を利用した集客および会員化販売促進サービス「モバイルDEツール」を7月より開始すると発表した


関連リンク
▼ まぐクリック

[沢 里映, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!