Mobile:NEWS 2003年4月11日 04:37 PM 更新

NTTコム、武蔵野大学に「ホットスポット」を提供


 NTTコミュニケーションズは東芝と連携し、大学におけるホットスポット環境導入の初事例として、4月下旬より、武蔵野大学に、ホットスポット環境を提供する。

 キャンパス内へ無線アンテナを設置し、東芝製無線LAN内蔵ノートPCおよびNTTコムの「CoDen OPENプラン」を提供するというもので、学生ホール、カフェテリアなど、5−6カ所にアクセスポイントを設置する。武蔵野大学では、東芝製無線LAN内蔵ノートPCを購入した新入生およそ500名を対象に学生モニターを募集する。

 一部授業にもCoDen OPENプランが利用される予定で、両社はファイル共有機能やスケジュール管理など、ホットスポットの新たな利用により、ITと教育の融合、学習環境の向上に貢献したいとしている。

関連リンク
▼ NTTコミュニケーションズ
▼ 武蔵野大学

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!