Mobile:NEWS 2003年4月22日 04:52 PM 更新

au、回転タイプのムービー端末「A5305K」発表

KDDIと沖縄セルラーは、CDMA2000 1x/ムービーメールに対応した新端末「A5305K」を発表した。メインディスプレイ側が180度回転する「ターンタイプ」デザインを採用している

 KDDIは4月22日、京セラ製のムービー対応端末「A5305K」を5月中旬から発売すると発表した。従来の折りたたみ型ではなく、液晶ディスプレイがスライドして180度回転して開く。KDDIは「ターンタイプ」と呼んでいる。


 側面にはサイドレバーが備えられ、閉じた状態のまま、通話やメール、Web、カメラの操作が可能。回転に連動して、発信/着信画面やアドレス帳、メール受信画面から、発信・返信画面に即座に切り替わるショートカット機能を搭載した。閉じたまま写真を撮影して、回転して開くとファイルが添付ファイルとなってメール作成画面が立ち上がるなど、単に回るだけではなく、操作に連携している。本体部を持ったまま、液晶が回転するタイプ(表示画面は回転により上下が入れ替わる)のため、片手でも開くことができる。


背面のカメラ脇には自分撮り用の鏡がある

 動画撮影だけでなく、ezmovieの再生、GPS機能、ezplus(Java)の動作、着うた対応などフル機能の端末となっている。BREWには対応していない。

 背面に設置されたカメラには、デジタル4倍ズーム可能な33万画素CMOSセンサを採用。シャッターを備え、開けるだけでカメラが起動する。最大撮影サイズは640×480ピクセル(VGA)。

 メイン液晶には、半透過型のCrystalFine液晶(MD-TFD)を搭載。2.1型で132×176ピクセル、26万色表示が可能。サブディスプレイは備えない。

 動画の録画・再生やezplus(Java)の起動、ブラウザ表示の高速化を実現するため、日立製作所製のアプリケーションプロセッサ「SH-Mobile」も搭載した。動画のリアルタイムエンコードが可能となっている。撮影できるムービーサイズは96×80ピクセルだが、A1301Sが対応する大画面ムービーサイズ(128×96ピクセル、Mサイズ)の再生も行える。ムービーデータは、着信音+着信画面として使うこともできる。

 文字入力機能としては「ATOK for au」を採用した。着信メロディはFM音源32和音+PCM8和音の40和音。

 主な仕様は以下の通り。

製品名A5305K
メーカー京セラ
サイズ約50(幅)×100(高さ)×22(奥行き)ミリ
重さ約108グラム(電池装着時)
連続通話時間約160分
連続待受時間約190時間
充電時間約120分
カラーフォーミュラレッド/チタニウムゴールド/スーパーホワイト
画面132(横)× 176(縦)ピクセル
データフォルダ約5Mバイト(または460件)
Eメール送信BOX約100Kバイト(または200件)
Eメール受信BOX約256Kバイト(または500件)
Eメール送信文字数全角5000文字
Eメール受信文字数全角5000文字
Eメール添付ファイル送信:合計100Kバイト(最大5件)、受信:最大100Kバイト/件 (最大5件)
絵文字数497文字(新絵文字対応)
入力機能ATOK for au
音源最大40和音((FM音源32和音+PCM音源8和音)
発売時期5月中旬(予定)
価格オープン


ボディカラーはフォーミュラレッド/スーパーホワイト/チタニウムゴールドの3色


関連リンク
▼ KDDI
▼ KDDI ニュースリリース

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!