Mobile:NEWS 2003年7月9日 09:03 PM 更新

MSと三井住友カード、ICカード事業で連携


 マイクロソフトと三井住友カードは、ICカードとサーバによる企業向け認証システムの提供に向け、連携すると発表した。

 両者の連携によるシステムは、三井住友カードが提供する法人クレジットカードと、マイクロソフトのサーバ「Microsoft Windows Server 2003日本語版」に標準で搭載されたICカードによるログオン機能で実現するもの。技術検証作業は、すでに完了している。

 三井住友カードでは、既存の法人カード契約企業へ同サービスの提供を開始するとともに、新規顧客の開拓を推進。マイクロソフトでは、マイクロソフトコンサルティング サービスによる技術支援を提供する予定。

 両社によれば従来、社員証によるログオン機能は、社員1000人規模の企業で1000万円以上の負担が必要だったのに対し、同システムでは、三井住友カードがカードを発行するため、コスト削減が可能だという。社員証の紛失にともなう追加発行や、再発行にも迅速に対応できるとしている。

関連リンク
▼ マイクロソフト
▼ 三井住友カード

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!