Mobile:NEWS 2003年7月17日 01:48 PM 更新

「マンナビ、積極的にやる気はない」〜ドコモ立川社長


 「マンナビだけで積極的に売る気はありません」。NTTドコモの立川敬二社長が7月17日のWIRELESS JAPAN 2003講演で、このように話した。

 携帯電話での位置情報利用が盛んに言われており、ドコモでも位置情報を大きな市場と捉えているが、そのニーズは人の道案内以外にあると立川氏は見ている。

 「マンナビはずいぶん前にやったが、案外需要が少なかった。人間が本当に自分のいる場所を知りたければそれもできるが、歩いている人がそんなにいるかなと。車のほうに力を入れている」

 それよりも、徘徊老人やペットの追尾のようなニーズが高いと立川氏。センサーを付けるなどの進化を想定している。



関連記事
▼ FOMAの3つの課題〜ドコモ立川社長
軌道に乗ってきたFOMAについて、今後の進化の方向と現状の課題を、WIRELESS JAPANで立川社長が講演した。最大の課題はサービスだと言う。

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!