Mobile:NEWS 2003年9月8日 11:20 PM 更新

3G携帯電話など7分野の開発協力で日中韓が合意

情報通信分野の協力強化を目的とした第2回日中韓情報通信大臣会合が開催され、3G携帯電話など7分野について、研究開発を共同で行うことで合意した。

 9月7日、第2回日中韓情報通信大臣会合が韓国の済州島で開催され、情報通信7分野について日中韓の3国が協力することで合意した。

 協力して研究開発に当たるのは、3G・4Gの次世代移動通信、IPv6を採用した次世代インターネット、デジタル放送、情報セキュリティ、オープンソフトウェア、電気通信サービス政策、2008年北京オリンピック大会の7分野。

 3G・4Gの次世代移動通信については 1)移動通信に関する政策 2)無線インターネットサービス 3)移動通信の国際ローミング 4)移動通信技術とサービスに関する共同開発研究および標準化 5)3カ国の合意に基づくその他の移動通信 などで協力。ワーキンググループを設立して活動にあたるという。

 産経新聞は、3カ国が3G携帯電話のOSを共同開発すると報じている。

 日中韓情報通信大臣会合は、片山虎之助総務大臣の提案により開始され、第1回会合は2002年9月にモロッコのマラケシュで開催された。昨年の会合では3G仕様の詳細な標準化を図るため、技術交流を進めることで合意しており、第2回では協力の内容が具体化されている。

 3G携帯電話の導入については、日本はNTTドコモとJ-フォンがW-CDMA方式、auがCDMA2000 1xを採用、韓国はCDMA2000 1xを採用している。中国はチャイナユニコムがCDMA2000 1xの商用サービスを開始しているが、中国政府はTD-SCDMA(用語参照)を推進したい考え(9月1日の記事参照)。

関連リンク
▼ 報道資料
▼ 第1回日中韓情報通信大臣会合報道資料

[後藤祥子, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!