Mobile:NEWS 2003年10月29日 06:40 PM 更新

富士写、スーパーCCDハニカム搭載の携帯向けカメラモジュール

富士写真フイルムは、有効100万画素の「スーパーCCDハニカム」を搭載した携帯電話向けカメラモジュール「FM42000」を開発、光学電子部品事業に本格参入すると発表した。

 富士写真フイルムは、有効100万画素(最大記録画素数200万画素)の「スーパーCCDハニカム」を搭載した携帯電話向けカメラモジュール「FM42000」を開発、光学電子部品事業に本格参入すると発表した。同モジュールをまずNTTドコモ「D505iS」向けに供給する。


 同社は、昨年よりデジタルカメラ「FinePix」に搭載している「スーパーCCDハニカム」を携帯電話向けに最適化し、携帯電話機メーカーに供給しているが、今回より「FUJINONレンズ」など、キーデバイスを搭載したカメラモジュールの形態で供給を行う。

 FM42000の最大記録画素数は1632×1224ピクセル。FUJINONレンズを装備したほか、プログレッシブスキャンによりレンズシャッターがなくても、ブレのない撮影が可能。また、画素混合により小画像を高感度、高フレームレートで撮影でき、暗所での動画撮影にも対応している。



関連記事
▼ 進化した200万画素の横撮り、発色も鮮やかに〜「D505iS」
100万画素のスーパーCCDハニカムを搭載、200万画素クラスの出力が可能になった「D505iS」。前モデルに比べて使い勝手が向上、発色も鮮やかになるなど大きな進化を遂げた。


関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!