Mobile:NEWS 2003年12月2日 07:35 PM 更新

デジタルズーム【でじたるずーむ】


 デジタルズームは、デジタルカメラなどに採用されているズーム機能のうち、レンズなどの光学系の動作を伴わないものを指す。CCDで取り込んだ画像情報の、画素を大きくすることによって、画像サイズの拡大と目的範囲のトリミングを行う。


オリンパスサイトより

 デジタルズームのメリットは、実装スペースの必要なズームレンズを必要としないこと。つまり、メーカーは本体を薄く作ることができる。その一方で、拡大した画像が粗くなるため、高画質な写真は撮影できないというデメリットがある。

 デジタルズームは、内部で演算処理をして画像を拡大するため、2倍や4倍など、整数倍するものが多い。レンズを動かす光学ズームのように、中間点となる任意の倍率を選択できないのだ。そこで、デジタルズームで任意倍率を実現する機能をリニアズーム、もしくはデジタルリニアズームと呼ぶ。

 カメラ付き携帯電話のズーム機能は、実装スペースの問題から光学ズームレンズの組み込みが難しいため、現時点ではデジタルズームが主役である。その中で、D505iSでは等倍から最大20倍まで任意の倍率にズームを設定することが可能になるなど、上位機種にリニアズーム搭載の動きもある。さらには、光学ズームを開発中のメーカーもあり、携帯電話での光学2倍、光学3倍なども現実味を帯びてきた。

 光学ズームはレンズを動かすことで画像の倍率を変化させるため、デジタルズームのような拡大に伴う画像の劣化はない。デジタルカメラでは、光学ズームを優先させ、補助的にデジタルズームを使うという組み合わせが一般的である。

[江戸川, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!