ニュース
» 2004年07月21日 15時04分 公開

KDDI、無線を使ったソフト更新に対応〜2005年中に

au携帯電話も無線を使った端末内ソフトの書き換えが可能になる。KDDIは、2005年中にも対応するとし、トライアルを開始した。

[後藤祥子,ITmedia]

 KDDIはau携帯電話向けに、無線ネットワーク経由でソフトの書き換えを行える仕組みを導入する。2005年中を目処に対応する予定で、トライアルを開始した。

 ネットワーク経由のソフトウェア更新は、端末にバグなどが出た際、端末に直接更新データをダウンロードしてソフトウェアを更新する機能。ユーザーがショップに行く必要なく、バグ修復を行えるというメリットがある。

 トライアルでは、米InnoPath Softwareのソフトウェア書き換え技術を採用。セキュリティや書き換え可能なソフトウェア領域、ソフトウェア更新機能の確実性、障害時の復旧機能などについて、システムとサービスの両面から検証を実施。端末側にはアップデートクライアントプログラムを組み込んで検証したという。

 他キャリアでは、ドコモが252iシリーズからソフト更新機能を搭載している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー