Special
» 2018年10月26日 10時00分 公開

美しく高性能 真の“全画面”スマートフォン、OPPO「Find X」の魅力を徹底解剖 (1/2)

OPPOのフラグシップスマートフォン「Find X」が日本で発売される。Find Xの特徴は、ノッチのない真の全面ディスプレイと、ユニークな構造のステルス3Dカメラだ。もちろん単なる変わり種スマホではなく、デザインや性能も磨き抜かれている。

[PR/ITmedia]
PR

 2018年秋、海外で話題の高性能スマートフォン「Find X」が日本でも発売される。アジアを中心に急成長を遂げているメーカーOPPOによる、先進的な機能を盛り込んだフラグシップモデルだ。

 OPPOは2018年春にSIMロックフリースマホ「R11s」で日本に初参入し、夏にはコスパに優れた「R15 Neo」と、防水とおサイフケータイに対応した「R15 Pro」を投入。日本のSIMフリー市場で急速に存在感を増しつつあるメーカーだ。そしてこの秋、満を持してハイエンドモデルFind Xが日本に上陸する。

Find XFind X OPPOの「Find X」。6.4型有機ELディスプレイと、本体内部からせり出すデュアルカメラが魅力のモデルだ

 Find Xの特徴は、画面上部のノッチ(切り欠き)がない全面ディスプレイと、ユニークな構造のステルス3Dカメラだ。もちろん単なる変わり種スマホではなく、デザインや性能も磨き抜かれている。そんな先進的なFind Xの魅力を見ていこう。

ほぼ全画面ボディーを実現 驚きの変形カメラも搭載

 Find X最大の特徴は、本体の前面を6.4型有機ELディスプレイ(フルHD+ 1080×2340ピクセル)ですっぽり覆っていることだ。他社製品だとノッチ(切り欠き)が画面表示を邪魔している製品が多い中、Find Xは完全なノッチレスを実現。広い画面と色鮮やかな表示で、普段の操作が快適なのはもちろん、動画やゲームもストレスなく楽しめる。

Find X 全画面有機ELディスプレイを実現。画面の一部を遮るノッチもなく、動画やゲームも快適に楽しめる

 真の全面ディスプレイを実現できた秘密は、カメラが必要なときだけ本体内部から自動的にせり出す「ステルス3Dカメラ」にある。カメラを操作するときだけ、本体内部からカメラモジュールがスムーズかつ高速にせり出してくる。この変形構造とスムーズな動作に、誰しもが驚くこと間違いなしだ。気になる耐久性も、30万回もの開閉テストを実施しており問題なし。1日150回カメラを開閉しても、5年以上は使用できるほどの品質だ。

Find X 本体内部から前後のカメラがせり出す「ステルス3Dカメラ」構造を実現。動作は高速かつスムーズだ
Find X 背面からは1600万画素+2000万画素のデュアルカメラがせり出してくる

 また、6.4型の大型ディスプレイを搭載していながらも、片手で握って操作しやすい横幅74.2mmのスリムボディーも魅力だ。前面と背面に曲面ガラスを採用し、高い質感と手のひらへ自然とおさまる滑らかな形状を実現した。

Find X 大画面モデルながらも、片手で持ってフリック入力が可能なスリムさを実現。曲面ガラスパネル採用により、男女問わず手のひらに自然と収まる形状だ

 本体カラーは2色展開で、ワインレッドとサファイアブルーを用意する。背面ガラスパネルの角度によって異なる輝きを見せるグラデーションと、同系色でそろえたメタルフレームの輝きが、スリムさと優美な形状を際立たせている。

Find X 薄さ9.5mmのスリムボディーに最新性能が詰め込まれている。前面と背面に曲面ガラスパネル、側面にメタルフレームを採用しており、高級感がある
Find X 背面には、見る角度によって表情を変えるグラデーションカラーが目立つ。メタルフレームの輝きもあり、本体全体が光で浮かび上がっているかのような印象だ

 また、海外ではLamborghini(ランボルギーニ)とのコラボモデルも展開。約20万円という価格にもかかわらず、ファンから人気を集めている。

超高感度デュアルカメラ&高画素インカメラを搭載

 本体からせり出すカメラの実力も見ていこう。アウトカメラは1600万画素+2000万画素のデュアルカメラを搭載。セルフィー向けインカメラには、アウトカメラよりも高画素な2400万画素カメラを採用している。

Find X カメラを起動すると、背面に1600万画素+2000万画素のデュアルカメラがせり出す

 アウトカメラはAIシーン認識や光学式手ブレ補正に対応。被写体に応じた最適な設定で撮影できるのに加えて、夜景や暗い室内でもほぼぶれずに写真を撮れる。もちろん、デュアルカメラならではの背景ぼかしや照明の変化を楽しめるポートレート撮影も可能だ。

Find X AIシーン認識に対応。料理や人物、猫といった被写体や夕焼けなどのシーンを自動認識して、より最適な設定で撮影できる
Find X 実際にはかなり暗い通りだが、繁華街かのように明るく撮影できている。ビル壁面のディテールもしっかり描写できている
Find X ポートレート撮影では、背景ぼかしや照明の設定を変えられる
Find X 料理はみずみずしく、白い皿に引っ張られず適正な明るさで撮影できている
Find X こだわり派向けのエキスパート(マニュアル)撮影なら、ロングシャッターなども楽しめる

 インカメラは2500万画素の精細な描写に加えて、AIが顔や目、鼻のパーツなど296箇所を識別して、美しく自然な人物写真を撮影できる。各パーツの表現をカスタムすることも可能だ。背景をぼかすポートレートモードや、より楽しい写真を撮れる顔認識のスタンプ機能も搭載する。

Find X AIが顔のパーツを分析、美肌だけでなく顔の印象までより美しく補正してくれる
Find X インカメラもポートレート撮影に対応。背景だけをしっかりぼかしてくれる
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:OPPO Japan株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile 編集部/掲載内容有効期限:2018年11月1日