今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2021年08月10日 14時40分 公開

「WAON」「nanaco」がApple Payに対応 2021年内に

Appleの決済システム「Apple Pay」において、イオングループの「WAON(ワオン)」とセブン&アイグループの「nanaco(ナナコ)」が利用できるようになる。2021年内の対応を予定しているが、詳細は後日発表されるという。

[井上翔,ITmedia]

 イオンリテールなどが発行する電子マネー「WAON(ワオン)」と、セブン・カードサービスが発行する電子マネー「nanaco(ナナコ)」が、2021年内に「Apple Pay」に対応する。これにより、iPhoneやApple WatchにおいてWAONやnanacoを利用できるようになる。サービスの開始日など、詳細については決まり公表される。

Apple Pay 2021年内にWAONとnanacoがApple Payに対応へ

 WAONは累計発行枚数が約8766万枚で、イオングループのスーパーマーケット(イオン、ダイエー、マックスバリュなど)やコンビニエンスストア(ミニストップ)を中心に全国約84万カ所で利用できる。

WAON WAONはイオングループ外のコンビニエンスストアでも広く使えることが特徴だ(WAON公式サイトより)

 nanacoは累計会員数約7400万人で、セブン&アイグループのスーパーマーケット(イトーヨーカドー、ヨークマート、ヨークフーズなど)、コンビニエンスストア(セブン-イレブン)や百貨店(西武・そごう)を中心に約80万500店で利用できる。

nanaco nanacoはセブン&アイグループの店舗やショッピングモールを中心に利用できるが、最近はグループ外の加盟店も増えている

 なお、おサイフケータイを搭載するAndroidスマートフォンでは、既にWAONもnanacoも「Google Pay」や独自アプリを通して利用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー

2022年