eo64エア【いおろくよんえあ】

【国内記事】 2002年4月8日更新

 eo64エアは,関西電力グループのケイ・オプティコムが提供するインターネット接続サービス「eoシリーズ」のラインナップの1つだ。

 自社の光ファイバー網と,アステル関西より引き継いだPHSの技術を組み合わせることで,最大64kbpsの通信速度を持つシステムを,3000円/月といった格安な定額料金で提供できるのが特徴。常時接続環境を実現するPHSとしては,AirH"よりも古くから存在し,コストパフォーマンスでは抜きん出ている。

 利用者は契約の申し込みとともにケイ・オプティコムから専用のデータ通信カードを購入する。端末はPCMCIA IIタイプの「MA-N1」と,CFサイズの「MA-N2」が用意されている。中身はいずれも,PCカード型のPHSそのものだ。パソコンにPCカードスロットがなく,USBでの接続になる場合には「データ通信カード用USB変換アダプタ Slipper U」と組み合わせることになる。

 eo64エアはPHSを使ったサービスであるが,従来からあるアステルのPHSとは別の網を構築している。PHSが有線部分にISDN相当のI'インタフェースを用いているのに対し,eo64エアは光ファイバーを用いている。つまり,見かけはPHSだがシステムそのものはまったく別であり,従来のPHSとeo64エアでは互換性はない。

 eo64エアのサービスエリアは,大阪,京都,兵庫,滋賀,奈良,和歌山の2府4県になる。エリアの展開は光ファイバー網の構築状況によるため,都心部よりは郊外の方が先にエリアになりやすい。アンテナからの電波の到達距離は,PHS同様,見通しで約100メートル程度になる。屋内に電波が届きにくいという場合は,レンタル品の「eoパワーアンテナ」を利用するといいだろう。

 なお,ケイ・オプティコムには,無線部分にPHSではなく無線LANを使った「eoメガエア」というサービスがあるが,無線アンテナを屋上やベランダに固定して使うタイプのため,PCとの接続はLANケーブルになる。従ってモバイル用途には向いていない。

CFサイズの通信カード「MA-N2」
(画像:http://www.k-opti.com/images/ma-n2.gifより)


eoパワーアンテナ
(画像:http://www.k-opti.com/images/pa.gifより)


eoメガエア (画像:http://www.k-opti.com/images/megaair_image.gifより)

関連リンク
▼ ケイ・オプティコム

[江戸川,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!