インタースコープ,迷惑メール実態調査アンケートの結果を発表

【国内記事】 2001年6月29日更新

 インタースコープは6月29日,迷惑メールに関してのアンケートを行った結果を発表した。調査対象は2009名で,期間は5月18日から5月22日までの4日間。

 これによると全体の73.2%が迷惑メールを経験したことがあり,送られる迷惑メールの種類は出会い系サイト紹介メール,チェーンメール,不幸のメール,アダルト系サイト紹介メールの順に多い。

 また,対策として45.1%が任意のメールアドレスに変更しており,22.8%が今後もアドレスを変更するつもりがない。迷惑メールに関しては23.1%が受信時にパケットがかかることを不満に感じており,8.7%が頻繁に送られてきてしつこいと感じているという。

[杉浦正武,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!